黒石神社

青森県黒石市市ノ町20、黒石神社。

この神社は、黒石藩の祖である津軽信英公を祭神としています。

明治時代に現在地に社殿を建て、江戸時代の廟門を神門として移築しました。

例大祭は7月22日に行われます。

黒石神社



黒石神社神門は、藩政時代の黒石陣屋跡にあった門で、明治12年(1879年)に現在の場所に移築され、黒石神社の神門となりました。

神門は薬医門形式で建てられており、扉および蹴放はないが、黒石神社に神門の一部と思われる扉2枚が保存されています。

この神門は、江戸時代の建築物としては唯一の遺構となっており、貴重な文化財です。

黒石神社神門

平成17年、黒石鳥居が建立されました。

黒石鳥居は、藩祖津軽信英公の分知350年を記念して建立されたもので、高さは約8メートル、幅は約6メートルあります。

黒みかげ石という硬質な花崗岩でできており、耐震性に優れています。

鳥居の上部には「黒石神社」と刻まれています。

黒石神社鳥井

分知350年とは、黒石藩の祖である津軽信英公の分知から350年が経過したことを記念する言葉です。

分知とは、武家の知行(所領)の一部を親族に分与することです。

津軽信英公(つがるのぶふさこう)は、慶長5年(1600年)に父・津軽為信公から陸奥国津軽郡の内、黒石城下を含む1万石を分知されました。

これが黒石藩の始まりです。



津軽信英公は、弘前藩2代藩主・津軽信枚の次男として生まれ、幕府小姓組や書院番などに出仕しました。

弘前藩3代藩主・津軽信義の死後、その子・津軽信政の補佐を命じられました。

信英公は、黒石に陣屋を築き、町造りや殖産振興に努めました。

また、山鹿素行に儒学や兵学を学び、弘前藩の家訓や法度を制定しました。

寛文2年(1662年)に黒石を巡察中に病に倒れ、弘前城で死去しました。

享年43。

明治12年(1879年)、元陣屋内の信英霊廟を移し黒石神社として祀られました。




新坂、弘前市

慶長8年(1603)に弘前(当時の高岡)の町づくりが開始されました。 慶長16年(1611)弘前城が完成する津軽藩政時代初頭、上町(城の東側)と下町(城の西側)は、亀甲紺屋町街道と新町坂とで結ばれていました。 また、当時 […]

コメントなし

堀越城

青森県弘前市堀越、堀越城跡。 堀越城は、南北朝時代の1336年に北朝方の曾我太郎貞光によって築かれた平城です。 その後、戦国時代には津軽氏の支配下に入り、1571年には津軽為信がこの城から石川城を攻め落としました。 為信 […]

コメントなし

摺鉢山

森県弘前市大字清水富田字寺沢125、弘前りんご公園内、摺鉢山。 摺鉢山は、標高708mの人工の山です。 摺鉢山は、江戸時代に鉄砲や大砲の練習の的にするために築いた人工の山です。 山頂からは、りんご公園の全景や、近隣のりん […]

コメントなし

旧第八師団長官舎

青森県弘前市大字上白銀町1-1、旧第八師団長官舎。現在は、スターバックスの弘前公園前店です。 旧第八師団長官舎は、大正6年(1917年)に旧日本陸軍の第八師団長の官舎として建てられたものです。 和洋折衷のデザインが特徴的 […]

コメントなし

名勝金平成園

青森県黒石市内町2-1、名勝金平成園。 名勝金平成園は、青森県黒石市にある日本庭園で、国の名勝に指定されています。 別名「澤成園」とも呼ばれており、津軽地方で盛んであった「大石武学流」の作庭様式を代表する庭園です。 明治 […]

コメントなし


津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

ただ、今、この一瞬

而今(じこん)は、道元禅師が中国での修行時代に悟った世界観で、「ただ、今、この一瞬」という意味です。 道元禅師は、過去や未来にとらわれず、今に集中することが大切だと説きました。 而今という言葉は、そはのような道元禅師の思 […]

コメントなし

追手門、弘前公園

追手門とは、弘前公園の正面玄関とも言える城門です。 弘前城の三の丸にあり、二層の櫓門となっています。 全体的に簡素な素木造りで、戦国時代の古い形式を残すものとして珍しいものとされています。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です