黒石神社

青森県黒石市市ノ町20、黒石神社。

この神社は、黒石藩の祖である津軽信英公を祭神としています。

明治時代に現在地に社殿を建て、江戸時代の廟門を神門として移築しました。

例大祭は7月22日に行われます。

黒石神社



黒石神社神門は、藩政時代の黒石陣屋跡にあった門で、明治12年(1879年)に現在の場所に移築され、黒石神社の神門となりました。

神門は薬医門形式で建てられており、扉および蹴放はないが、黒石神社に神門の一部と思われる扉2枚が保存されています。

この神門は、江戸時代の建築物としては唯一の遺構となっており、貴重な文化財です。

黒石神社神門

平成17年、黒石鳥居が建立されました。

黒石鳥居は、藩祖津軽信英公の分知350年を記念して建立されたもので、高さは約8メートル、幅は約6メートルあります。

黒みかげ石という硬質な花崗岩でできており、耐震性に優れています。

鳥居の上部には「黒石神社」と刻まれています。

黒石神社鳥井

分知350年とは、黒石藩の祖である津軽信英公の分知から350年が経過したことを記念する言葉です。

分知とは、武家の知行(所領)の一部を親族に分与することです。

津軽信英公(つがるのぶふさこう)は、慶長5年(1600年)に父・津軽為信公から陸奥国津軽郡の内、黒石城下を含む1万石を分知されました。

これが黒石藩の始まりです。



津軽信英公は、弘前藩2代藩主・津軽信枚の次男として生まれ、幕府小姓組や書院番などに出仕しました。

弘前藩3代藩主・津軽信義の死後、その子・津軽信政の補佐を命じられました。

信英公は、黒石に陣屋を築き、町造りや殖産振興に努めました。

また、山鹿素行に儒学や兵学を学び、弘前藩の家訓や法度を制定しました。

寛文2年(1662年)に黒石を巡察中に病に倒れ、弘前城で死去しました。

享年43。

明治12年(1879年)、元陣屋内の信英霊廟を移し黒石神社として祀られました。




竹内清明君像

青森県黒石市南中野不動舘27、中野神社境内、竹内清明君像。 竹内清明は、明治から大正時代の政治家、実業家、新聞経営者であり、青森県黒石市出身です。 岩木川の改修や八戸港の整備など、青森県の発展に尽力しました。 また、彼は […]

コメントなし

高岡の森弘前藩歴史館

青森県弘前市高岡字獅子沢128-112、高岡の森弘前藩歴史館。 弘前藩主津軽家の旧蔵品を中心とした資料を展示しており、弘前の歴史や文化を学ぶことができます。 平成30年(2018年)4月1日にオープンしました。 高岡の森 […]

コメントなし

弘前城石垣普請

青森県弘前市下白銀町、弘前城。 弘前城は、江戸時代に建てられました。 弘前城の石垣普請は、2021年6月23日から本格始動し、令和5年度にかけて石垣の積み直し工事が行われています。

コメントなし

津軽の市町村の紹介、スライド

津軽の市町村の紹介

コメントなし

亀甲門

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。 由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺 […]

コメントなし


最新の投稿をカテゴリー別に閲覧できればということを考えてみました。

ラーメン、中華料理、和食、洋食など。

まとめて見ることができれば、超便利!

春夏 冬 二升五合

春夏 冬 二升五合は、判じ物という文字で表されるなぞ解きの一種です。 判じ物は、江戸時代の戯作者を中心に流行した言葉遊びで、文字や絵の中に別の意味をあてて判じさせるものです。 春夏 冬 二升五合は、以下のように判じて読み […]

コメントなし

二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、弘前公園、二の丸辰巳櫓。 二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸辰巳櫓は、 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です