赤田のアカマツ

青森県北津軽郡板柳町大字赤田字松下、赤田のアカマツ。

赤田には、アカマツという名前の古木があります。

板柳町の指定文化財第八号になっています。

このアカマツは、樹齢約300年、樹高約12.5メートル、幹周囲約3.55メートルの巨木で、地上1.5メートルのところで二股に分かれています。

その股のところからニワトコが生えています。

赤田のアカマツ




赤田のアカマツ



アカマツは、日本をはじめとする東アジアに広く分布するマツ科マツ属の常緑針葉樹です。

赤みを帯びた樹皮や細く短い葉が特徴で、別名メマツ(女松)とも呼ばれます。

アカマツは乾燥や貧栄養に強く、岩場や尾根沿いなどに生育します。

また、菌類と共生して菌根を形成し、マツタケなどのキノコを育てます。

アカマツは春に赤褐色の新芽を出し、4月から5月にかけて雌雄の花を咲かせます。

翌年の秋には卵形の毬果(松ぼっくり)が熟し、種子を散らします。

アカマツは建築材や木炭材料として利用されるほか、盆栽や苔玉などの観賞用としても栽培されます。

赤田のアカマツ

アカマツの花言葉は、細くて柔らかな葉と、赤褐色の幹が女性らしいしなやかさを連想させることから、「気高さ、気品」という花言葉がつけられました。

また、松と同様に、樹齢が長いことから「不老長寿」という意味もあります。







オオトリトマ

オオトリトマは、南アフリカ原産のツルボラン科の多年草で、別名トーチリリーとも呼ばれます。 花茎は60cm~1.8mになり、20cm前後の花穂をつけます。 花色は赤から濃いオレンジ、黄色の品種があります。 花は下から順に咲 […]

コメントなし

スイレン(睡蓮)

スイレン(睡蓮)は、スイレン属に属する水生植物です。 スイレン(睡蓮)は水面に浮かぶように咲く花が印象的で、白、黄色、ピンク、赤、紫、青紫、青など様々な花色の品種があります。 スイレン(睡蓮)は5~10月頃に開花し、昼咲 […]

コメントなし

イヌサフラン

イヌサフランとは、イヌサフラン科の植物で、秋にサフランに似た花を咲かせることで知られています。 イヌサフランはサフランとは全く別の植物で、毒性があります。 イヌサフランの球根や種子にはコルヒチンという物質が含まれており、 […]

コメントなし

ホコガタハナガサ(矛形花笠)

ホコガタハナガサ(矛形花笠)は、クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草で、北アメリカ原産です。 薄紫色の小さな花をたくさんつけ、矛のようなかたちなので、名前をつけられました。 たくさんの蜜を持つため蜂や蝶が好む植物となっていま […]

コメントなし

しゃこちゃん

青森県つがる市には国指定重要文化財の「遮光器土偶」が出土した亀ヶ岡遺跡があり、「遮光器土偶」は「しゃこちゃん」の愛称で親しまれています。 1887年につがる市の亀ヶ岡遺跡から出土した遮光器土偶です。 遮光器土偶は縄文時代 […]

コメントなし


最新の投稿・ページ、新規・更新すべてを網羅

最新の投稿

最新のページ

新規・更新をチェック!

すべての投稿・ページの新規、更新を網羅して、一覧表示しています。

本質を見抜く力とは

本質を見抜く力とは、物事の表面的な部分だけでなく、その背景や原因、意味などを理解する力のことです。 本質を見抜く力がある人は、問題解決能力やコミュニケーション能力が高く、ビジネスや人間関係において有利になることが多いです […]

コメントなし

弘前城東門、弘前公園

弘前城東門 東門は、弘前城の三の丸東側の枡形に位置しており、慶長15年(1610年)に建てられました。 弘前城東門は、江戸時代初期の城門建築の遺構として大変貴重な事から昭和28年(1953年)に国指定重要文化財に指定され […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    コスモス、庭

    次の記事

    大沢川改修記念碑