イトラン(糸蘭)

イトランは、リュウゼツラン科の植物で、ユッカとも呼ばれます。

白い花を咲かせる常緑低木で、耐寒性や耐暑性があります。

イトランにはいくつかの種類がありますが、日本でよく見られるのはセンジュラン(Yucca aloifolia)です。

葉は長くて先端が針のように尖り、縁に細かい鋸歯があります。

花茎は30-60cmになり、白から乳白色の花をつけます。

花言葉は、「とまどい」「偉大」「颯爽とした」「私に近づかないで」などです。

イトラン(糸蘭)







菜の花

菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称で、食用や観賞用に栽培されています。 鮮やかな黄色の花をたくさん咲かせ、春の訪れを告げる花として知られています。 黄色の菜の花の花言葉は「快活」「明るさ」です。 これは、春の香りを運 […]

コメントなし

ドーダンツツジ

ドーダンツツジは、春に白い壺形の花と、秋に真っ赤に紅葉する落葉性の花木です。 日本原産で、丈夫で育てやすいので、公園や生垣によく使われています。 ドーダンツツジの花言葉は、「上品」「節制」などがあります。 白く美しい花と […]

コメントなし

シャクヤク

シャクヤクはボタン科ボタン属の多年草で、中国北東部から朝鮮半島、シベリアにかけて原産です。 初夏に大きくて美しい花を咲かせます。 シャクヤクの花言葉は「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」です。 白のシャクヤクは「幸せな結婚」 […]

コメントなし

ヒマワリモドキ、庭

ヒマワリモドキは、キク科の多年草で、北アメリカに自生する植物です。 太陽の花つまりヒマワリによく似たという意味です。 草丈は1mくらいで、7月から9月頃に直径7cmくらいの黄色い花を咲かせます。 花言葉は「憧れ」「崇拝」 […]

コメントなし

コデマリ

コデマリは、バラ科シモツケ属の落葉低木で、中国南東部が原産地です。 春になると、白い小さな花がたくさん集まって手毬のような花序を作り、枝いっぱいに咲きます。 コデマリの花言葉は、「優雅」「上品」「友情」「努力」などです。 […]

コメントなし


今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

己達せんと欲して 人を達せしむ

自分が目的を達成しよう思うときは、まず人を助けてその人の目的を遂げさせてやる。 仁者は事を行うのに自他の区別をしないということ。

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です