スパニッシュ・ブル-ベル

スパニッシュ・ブル-ベルは、釣鐘水仙という花の名前です。

スパニッシュ・ブル-ベルは、イベリア半島や北西アフリカに自生しています。

花言葉は、「謙遜」「変わらぬ心」です。

スパニッシュ・ブル-ベルが下向きに花を咲かせることから「謙遜」の花言葉が付きました。

スパニッシュ・ブル-ベル

春に青や白やピンクの可愛い花を咲かせます。

日本では、秋植え球根として園芸店で販売されています。



津軽弁、めえ

めえとは、美味しいという意味の津軽弁です。すごく美味しい場合は、たんげ、めえとなります。 たんげとは、すごくという意味の津軽弁です。この店のラーメン、めえまたはたんげ、めえ。

ハナキリン、園

ハナキリンはトウダイグサ科のマダガスカル原産の低木です。 茎に多肉で棘が密生し、花(花序を包む苞)が美しいので観賞用に栽培される植物です。 花の色は赤、橙、黄、白などがあり、種類も豊富です。 ハナキリンの花言葉は、「早く […]

コメントなし

ヒスイラン(翡翠蘭)

ヒスイラン(翡翠蘭)は、東南アジア原産のラン科の植物で、洋ランとして栽培されることもあります。 学名はVandaで、バンダとも呼ばれます。 花色は青や紫、ピンクなど多彩で、網目模様が入った花びらが特徴です。 花言葉は「上 […]

コメントなし

コチョウラン(胡蝶蘭)

コチョウラン(胡蝶蘭)は、東南アジア原産のラン科の植物で、白やピンクなどの美しい花を咲かせます。 コチョウランという名前は、花が胡蝶のように見えることからつけられました。 コチョウランは洋ランとして人気が高く、ギフトや室 […]

コメントなし

クレマチス・インテグリフォリア

クレマチス・インテグリフォリアは、ヨーロッパやアジアに自生する多年草のクレマチスです。 ベル型やねじれた花弁の花を咲かせます。 木立性と半ツル性の2種類があります。 クレマチス・インテグリフォリアの花言葉は、精神の美や旅 […]

コメントなし

ダリア、庭

ダリアはキク科ダリア属の多年草です。 日本には1842年にオランダから長崎に持ち込まれました。 ダリアは花の大きさ、咲き方、花色が非常に豊富で、バラやチューリップと並んで最も花色のバラエティーに富んだ植物です。 ダリアの […]

コメントなし


青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう)とは

九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう)とは、「多くの牛の中の一本の毛」のことで、「多数の中の一部、取るに足らないもの」を意味する故事です。 この言葉の語源は、中国の歴史家である司馬遷が友人の任安に宛てた手紙「報任少卿書」に […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    りんごあめ

    次の記事

    クレマチス・モンタナ