噴水と岩木山、猿賀公園

青森県平川市猿賀石林、猿賀公園。

噴水と岩木山

噴水と岩木山

猿賀公園は、岩木山が見える美しい景色が魅力です。

桜や蓮の花、ボートや足湯などが楽しめます。

猿賀神社や盛美園などの歴史的な建造物や庭園も近くにあります。

ナポレオンパイ、On Vacation(オンバケーション)

青森県弘前市大字青山2丁目1−1、On Vacation(オンバケーション)。 ナポレオンパイ ナポレオンパイは、パイ生地と生クリーム、いちごなどで作られるケーキです。

コメントなし

新雪と岩木山

今年は雪が少なかった。でも、こんな日もありました。 水田に積もった少なめの雪、良く晴れた真冬の一日です。

コメントなし

西目屋村、岩木山

西目屋村は、岩木山の南麓に位置しています。 世界遺産の白神山地の表玄関としても知られています。 岩木山は青森県で最も標高が高い山で、津軽富士とも呼ばれます。 見る方向によって色々な姿を見せるのが特徴です。 西目屋村から見 […]

コメントなし

リンゴの花が開花しました!

青森県平川市も志賀坊森林公園付近。リンゴの花が開花しました!

コメントなし

田植え前の岩木山

田んぼに水がはいりました。田植え、直前です。来週からは、いよいよ田植えがはじまります。

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

待つ身が辛いか、待たせる方が辛いか

太宰治の熱海事件とは、1936年に太宰治が熱海で執筆中に起こした金銭トラブルです。 太宰は友人の檀一雄を熱海に残し、金を借りに東京へ行ったきり戻ってきませんでした。 あまりに遅いので、檀一雄が太宰を捜したところ、東京で井 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ヤブデマリ

    次の記事

    ハクモクレン