シバザクラ

シバザクラは、ハナシノブ科の多年草で、北アメリカが原産です。

 茎は芝のように地面に広がり、春にサクラに似たピンク色や紫色、白色などの花を咲かせます。

シバザクラの花言葉は、「臆病な心」「希望」「忍耐」「合意」「燃える恋」「温和」などがあります。

 シバザクラが密集して群れて咲く様子から「臆病な心」という花言葉がついたといわれます。

小さな花が集まって咲くことから「合意」「一致」などの団結力を表す花言葉がついたともいわれます。

小さいながらもたくさん花を咲かせる、強い生命力に由来して「忍耐」「希望」という花言葉がついたともいわれます。

シバザクラ



一面に花を咲かせる様子は、花の絨毯のようで圧巻です。

シバザクラは常緑で、地面を覆いつくすように密生し、土の流失も防ぐため、花壇の縁取りや石垣、のり面などで利用されています。

シバザクラは耐寒性や耐暑性が強く、育てやすい植物です。

津軽弁、めぐせ

めぐせというのは、津軽弁では「恥ずかしい」という意味です。私と歩ているのを人に見られたら、めぐさいですか?

コメントなし



牡丹(ぼたん)

牡丹(ぼたん)は、ボタン科ボタン属の落葉低木で、春から梅雨の時期にかけて大きく美しい花を咲かせます。 花言葉は「風格」「富貴」「恥じらい」などで、中国では「花の王」と呼ばれています。 牡丹と芍薬の違いは、 牡丹の葉はギザ […]

コメントなし

ヤマアジサイ

ヤマアジサイは、アジサイ科アジサイ属の落葉低木で、日本の山野に自生しています。 花は装飾花と真花からなり、土の酸度によって青や赤など様々な色に変化します。 ヤマアジサイの花言葉は、「乙女の愛」「切実な愛」です。

コメントなし

フィシュゼラニウム

フィシュゼラニウムとは、ゼラニウムの一種で、花弁に魚のような模様があることからその名がついたものです。 フィシュゼラニウムは、ペラルゴニウム・パルティタム(Pelargonium peltatum)という種の変種で、アイ […]

コメントなし

いちごの花

いちごの花は、白やピンク色、赤い花を咲かせます。 花びらは5枚で、中心部には花托(かたく)という部分があります。 この花托が大きくなって、いちごの実になります。 いちごの花言葉は、「尊重と愛情」「完全なる善」「先見の明」 […]

コメントなし

ヒマワリ、庭

ヒマワリはキク科の一年草で、原産地は北アメリカです。 黄色い大きな花を咲かせるのが特徴で、種は食用や油糧として利用されます。 花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめている」「愛慕」「熱愛」などがあります。

コメントなし


弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

指定野菜

「指定野菜」とは、「特に消費量が多く、国民生活に重要な野菜」として国が指定している野菜です。 現在は、 キャベツ、きゅうり、さといも、だいこん、たまねぎ、トマト、なす、にんじん、ねぎ、はくさい、じゃがいも、ピーマン、ほう […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    宇都野研歌碑