つけ麺 、麺処駒繋

青森県弘前市野田1-5-1、麺処駒繋(コマツナギ)。

つけ麺(こってり)、並、あつもり。あつもりとは温かい麺のことです。チャーシュー、レモン、のり付きです。

駒繋龍つけ麺の味わい方

別皿のチャーシューをスープに入れます。そしてスープを味わう。

麺処駒繋、つけ麺




麺をスープ入れ、麺をいただきます。スープが濃かったら、割スープを入れる。

麺処駒繋、つけ麺

レモンをスープの中に入れる。スープが冷めたら温め直してもらおう。

麺処駒繋、つけ麺

食べ終わったら、割り下を足して、スープを飲みましょう。

麺処駒繋、つけ麺

麺処駒繋、つけ麺









まるかいラーメン

青森県青森市安方2-2-16、まるかいラーメン。定休日は日曜日。醤油ラーメン中。

コメントなし

手打ちラーメン中、やまや

青森県黒石市大町2-60、やまや。 手打ちラーメン中 やまやのメニューは、手打ちラーメン、大、中です。 弁当などの持ち込みが自由です。

コメントなし

中華そばとミニカレー

青森県弘前市門外4-6-9、中華そば まる美。 中華そばまる美の営業時間は、11:00~15:00と17:00~21:00です。 定休日は毎週水曜日です。 中華そばとミニカレー

コメントなし

オムライスと担々麺

青森県弘前市泉野5-5-15、スタミナ一番 。定休日は水曜日(祝日の場合営業) オムライス 担々麺

コメントなし

味噌ラーメンとチャーハン

青森県弘前市新町230 、 山忠 下町店 (やまちゅう)。定休日は、火曜日 。

コメントなし

醤油ラーメン、中華飯店 幡龍 あるじゃ店

青森県北津軽郡鶴田町境里見176-1、中華飯店 幡龍 あるじゃ店。 醤油ラーメン

コメントなし

チャーハンと中華そば、白神飯店

青森県弘前市国吉字村元279-2 、白神飯店。定休日は火曜日です。 チャーハンと中華そば、白神飯店 チャーハン 中華そば

コメントなし

カレーセット、いわき食堂

青森県弘前市一町田村元794-12 、いわき食堂。定休日は、火曜日。

コメントなし

麺屋 ゴッチ

青森県弘前市桶屋町44-1、麺屋 ゴッチ。 中華そば Mさんからの投稿です。 飲んだ後の〆は、やっぱりラーメンでしょう!

コメントなし

中華そばとチャーハン、えびす

青森県弘前市小比内4-6-1、えびす。定休日は金曜日。 日替わりランチの、中華そばとチャーハン 中華そば、えびす チャーハン、えびす えびすは、ラーメンやカレー、定食などがあります。日替わりランチもあります。五目ラーメン […]

コメントなし

中みそ、中三弘前店

青森県弘前市土手町49-1 中三弘前店 B1F、中みそ (【旧店名】 チャイナドール) 、味噌ラーメン

コメントなし

のりたまごはん

青森県弘前市泉野5-5-15、スタミナ一番 。定休日は水曜日(祝日の場合営業)

コメントなし

和風らーめん、めんの店 アキモト 虹のマート店

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。定休日は日曜日。虹ノマート内にあるアキモト製麺直営店。 おにぎりは、虹のマート店内のお店から

コメントなし

味噌ラーメン、麺屋 幡 弘前店

青森県弘前市大字高崎2-13-2、麺屋 幡 弘前店。定休日木曜日 (祝日、年末年始は営業) 味噌ラーメン、麺屋 幡 弘前店 メニューは、ラーメンとつけ麺が中心です。 ラーメンは、濃厚魚介、濃厚味噌、濃厚塩、濃厚醤油などの […]

コメントなし

おにぎりと焼きそばとラーメン

青森県平川市尾上字栄松19-1、大十食堂。定休日は、 月曜日(祝日の場合は翌日)。閉店しました。 おにぎり、ごはん 焼きそば ラーメン 炭水化物3種、おにぎり、焼きそば、ラーメン、完成です。

コメントなし

小ラーメンと小チャーハンのセット

青森県弘前市城東北3-1-12、 東家。少し寒くなってきました。鍋焼きうどん、ランチメニュー。

コメントなし

中華そば おのむらさんが閉店しました。

青森県青森市浪岡大字浪岡字佐野31-45、2022年12月27日をもって、中華そば おのむらさんが閉店しました。 最後の一杯になってしまいました。 中華そば おのむら、チャーシュー麺ちぢれ ありがとうございました。 中華 […]

コメントなし

みそラーメンの店 峰

青森県弘前市和徳町337-4、みそラーメンの店 峰。定休日は月曜日。

コメントなし

カツ丼と中華そば

青森県弘前市塩分町1-2、三忠 塩分町分店 。カツ丼と中華そば、ランチメニュー。

コメントなし

醤油ラーメン、らぁ麺 くろ田

青森県弘前市山崎3-5-8、らぁ麺 くろ田、定休日は月曜日。 醤油ラーメン

コメントなし



津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう)とは

九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう)とは、「多くの牛の中の一本の毛」のことで、「多数の中の一部、取るに足らないもの」を意味する故事です。 この言葉の語源は、中国の歴史家である司馬遷が友人の任安に宛てた手紙「報任少卿書」に […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    融雪用ボイラー

    次の記事

    ケーキセット