きのこのしおから(なんばん)

きのこのしおから(なんばん)は、しょうゆ味を基本として、昆布のねばり、とうがらしの辛みと風味がきのこの味をひきたて、ごはんにかけて食します。

とうがらしは清水森ナンバを使用しています。

清水森ナンバとは、津軽地方で古くから栽培されている在来種のトウガラシのことです。

きのこのしおから(なんばん)

ごはんに、イカの塩からを少しのせてたべました。

更に、きのこのしおから(なんばん)を少しのせてたべました。

最後に納豆をのせて、ごはんを全部食べました。さんのせです。









大晦日のごちそう

今年も、大晦日になりました。青森県津軽では、大晦日にごちそうを食べます。我が家では、家庭料理として、焼きえび、煮しめ、なます、ナマコ、黒豆、栗きんとん、茶碗蒸し、紅白のかまぼこ、伊達巻など。 お供えを用意しました。

コメントなし

さばのみぞれ煮

普通の日の夕食。Oisixの小ねぎ香る、さばのみぞれ煮。食材は、骨取りさばみぞれ煮風、かぼちゃ、にんじん、小松菜、小葱、レシピ通り完成! さっぱり豆腐 ねぎかつお醤油で。食材は、国産大豆木綿豆腐、長ねぎ、大葉、かつおぶし […]

コメントなし

なべ焼きうどん

青森県 平川市日沼富田 36番地、高砂食品株式会社。高砂食品の定番のなべ焼きうどん、

コメントなし

ウインナーホットドック、家めし

ウインナーソーセージのホットドック 朝食 牛乳付き

コメントなし

ホタテ、ウニ、鯛

今日の夕食は、ホタテ、ウニ、鯛の刺身。ウニは熱いごはんに全のせ、完食。これはぜいたく、おいしそう! そして味噌汁は、ホタテの稚貝です。

コメントなし



花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

40、50は鼻垂れ小僧

40歳、50歳は鼻垂れ小僧、 60歳、70歳は働き盛り、 90歳になって迎えが来たら、 100歳まで待てと追い返せ。 渋沢栄一の名言より その年にならないとわからないけれど、 わかる気がする。 人生50年ではありません。 […]

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です