cafe KITAMON (カフェ キタモン)、オムライス

青森県弘前市亀甲町90-1 、 cafe KITAMON (カフェ キタモン)

お店の看板メニュー、オムライス。ワンコインでいたたきました。

cafe KITAMON (カフェ キタモン)、オムライス




にぼちゅう

青森県弘前市高崎2-1-6、二代目 にぼShin.高崎店。定休日は月曜です。 にぼちゅう、ワンコインでいただきました。 追加でにぼちゅうおにぎりもいただきました。

コメントなし

寿司プレミアランチ、鮨覚 城東店 (すしかく)

青森県弘前市大字早稲田2-12-16、鮨覚 城東店 (すしかく)、定休日は木曜日。ワンコイン、プレミアランチ。

コメントなし

トマトソーススパゲティセット

青森県弘前市亀甲町90-1、cafe KITAMON (カフェ キタモン)。ラタトゥイユ風トマトソーススパゲティセット。たっぷり野菜の旨みが溶け込んでいます。 ラタトゥイユ(仏: ratatouille)とは、フランス南 […]

コメントなし

ケーキセット

青森県弘前市坂本町2、名曲&珈琲 ひまわり。定休日は、木曜日(祝日は営業)。 名曲とコーヒーとエクレア、ゆっくりとした時間が流れました。 珈琲の街ひろさき登録店、100円引きでした。 コーヒーセット、ワンコインでいただき […]

コメントなし

塩ラーメンと半チャーハン

青森県弘前市樋の口2-9-6、大阪王将 イオンタウン弘前樋の口店、 塩ラーメンと半チャーハン。 塩ラーメン、半チャーハン、ランチ餃子

コメントなし

もりそばと親子そば

青森県弘前市富田3-2-17、一力。もりそばと親子そば。

コメントなし

チョコバナナクレープセット

青森県弘前市城東北2-7-4、成田専蔵珈琲店(なりたせんぞうこーひーてん)。定休日は木曜日です。

コメントなし

カニ丼とカレー南セット

青森県弘前市宮川3-4-3 、割烹味新。ワンコインプレミアランチ。えび天付き カニ丼とカレー南セット。

コメントなし

ちらし寿司セット

青森県弘前市宮川3-4-3 、割烹味新。

コメントなし

ミックスフライ

青森県弘前市土手町36-13、ぼんしゃん亭。

コメントなし

カツ鍋焼きうどん

青森県弘前市大字稔町10-1、めん房 たけや。定休日は木曜日。 鍋焼きうどんにとんかつがはいっています。この組み合わせだけで満足。 ボリュームあります。ワンコインプレミアムです。

コメントなし

まぐろ尽くし

青森県弘前市大字早稲田2-2-2、 清次郎 弘前店 (せいじろう) まぐろ尽くしランチ

コメントなし

温麺

青森県弘前市高崎2丁目15-1 さくら野弘前別館ラフォルテ1階、焼肉・冷麺 中道 さくら野店。年中無休。

コメントなし

コーヒーとチョコバナナクレープ

青森県弘前市城東北2-7-4、成田専蔵珈琲店(なりたせんぞうこーひーてん)。定休日は木曜日です。 チョコバナナクレープセット、ワンコインです。 チョコバナナクレープ 珈琲の街弘前登録店

コメントなし

鍋焼きうどんセット

青森県弘前市宮川3-4-3 、割烹味新。鍋焼きうどんセット。

コメントなし

ホットケーキ

青森県弘前市下白銀町1-6 弘前市民会館 2F、喫茶室baton(キッサシツ バトン)。珈琲の街ひろさきガイドマップ登録店。 ホットケーキとコーヒーのセット、ワンコインです。 蜂蜜をかける前 蜂蜜をかけました!お-! 珈 […]

コメントなし

味噌カツ定食

青森県南津軽郡田舎館村大字田舎館字東田160-1、CAFE食堂 田さ恋。定休日は、月曜日(祝日の場合は営業) 日替わり定食、メイン2種類からチョイス。味噌カツを選択。副菜、サラダ、ごはん、みそ汁、ドリンクはオレンジジュー […]

コメントなし

エッグサンドセット

青森県弘前市御幸町9-17、ケララ 。定休日は、木曜日・第二水曜日も休みます。 サンドイッチの王道、エッグサンド。卵2個と自家製マヨネーズ使用。 珈琲の街ひろさき登録店 ワンコインでいただきました。

コメントなし

cafe KITAMON (カフェ キタモン)、オムライス

青森県弘前市亀甲町90-1 、 cafe KITAMON (カフェ キタモン) お店の看板メニュー、オムライス。ワンコインでいたたきました。

コメントなし

とんこつ味噌ラーメン

青森県弘前市樋の口2-9-6、イオンタウン内フードコート、大阪王将イオンタウン弘前樋の口店。 ワンコインのとんこつ味噌ラーメン。ランチ餃子のセット、 とんこつ味噌ラーメン ランチ餃子

コメントなし



弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

濡れ手で粟(アワ)

濡れ手で粟(アワ)とは、何の苦労もしないで多くの利益を得ること、骨を折らずに金をもうけることのたとえです。 濡れた手で粟をつかむと、たくさんの粟粒がくっついてくることから来ています。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    お好み焼き