味噌ラーメンとチャーハン

青森県弘前市新町230 、 山忠 下町店 (やまちゅう)。定休日は、火曜日 。

味噌ラーメンとチャーハン





味噌ラーメンとチャーハン





味噌ラーメン





チャーハン





チャーハン、銀華飯店

青森県弘前市広野1-1-15、銀華飯店。定休日は水曜日。

コメントなし

中みそ、家庭用、カップラーメン

青森県弘前市土手町49-1 中三弘前店 B1F、中みそ (【旧店名】 チャイナドール) 、味噌ラーメン これが本物の中みそ、味噌ラーメンです。 青森県弘前市土手町49-1、弘前中三の地下のフードコートにある「中みそ」。こ […]

コメントなし

會津めん 浜さき

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町舞戸町下富田55-2、會津めん 浜さき。 定休日は水曜日です。 會津醤油ラーメン チャーハン ギョウザ

コメントなし

中みそ

青森県弘前市土手町49-1 中三弘前店 B1F、中みそ (【旧店名】 チャイナドール) 、味噌ラーメン

コメントなし

神武食堂、じんたけしょくどう

青森県つがる市木造宮崎1-10、神武食堂、じんたけしょくどう。 神武食堂、じんたけしょくどう。じんむ食堂ではありません。

コメントなし

蝦仁炒飯、来々軒

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。蝦仁炒飯、人気あります。

コメントなし

広東麺とチャーハン

青森県弘前市広野1-1-15、銀華飯店。定休日は水曜日。 広東麺とチャーハン 広東麺は、中華麺に野菜や肉、魚介などの具材ととろみのある餡をかけたものです。  

コメントなし

えびチャーハン、中華料理 桃菜

青森県弘前市城東中央3-1-15、中華料理 桃菜。定休日は火曜日。 えびチャーハン、中華料理 桃菜

コメントなし

味噌ラーメン、麺屋 幡 弘前店

青森県弘前市大字高崎2-13-2、麺屋 幡 弘前店。定休日木曜日 (祝日、年末年始は営業) 味噌ラーメン、麺屋 幡 弘前店 メニューは、ラーメンとつけ麺が中心です。 ラーメンは、濃厚魚介、濃厚味噌、濃厚塩、濃厚醤油などの […]

コメントなし

中華そばとチャーハン、えびす

青森県弘前市小比内4-6-1、えびす。定休日は金曜日。 日替わりランチの、中華そばとチャーハン 中華そば、えびす チャーハン、えびす えびすは、ラーメンやカレー、定食などがあります。日替わりランチもあります。五目ラーメン […]

コメントなし

チャーハンと中華そば、白神飯店

青森県弘前市国吉字村元279-2 、白神飯店。定休日は火曜日です。 チャーハンと中華そば、白神飯店 チャーハン 中華そば

コメントなし

中華そばとチャーハンセット、石黒食堂

青森県弘前市大字松原東2-6-6、 石黒食堂。定休日毎週水曜、木曜日。 中華そばとチャーハンセット

コメントなし

とんこつ味噌ラーメン

青森県弘前市樋の口2-9-6、イオンタウン内フードコート、大阪王将イオンタウン弘前樋の口店。 ワンコインのとんこつ味噌ラーメン。ランチ餃子のセット、 とんこつ味噌ラーメン ランチ餃子

コメントなし

大将スペシャル、ラーメン大将

青森県黒石市一番町21-1、ラーメン大将。定休日は、第2・第4火曜日です。 味噌ラーメン、大将スペシャル Mさんは、日曜出勤をしていたようです。 自分へのご褒美か? お店の外観です。

コメントなし

野沢菜入りチャーハン、モアイ食堂

青森県弘前市境関1丁目1-9、大衆中華 モアイ食堂。 定休日は日曜日、第1月曜日。 レバーとキクラゲの炒めもの、モアイ食堂

コメントなし

中華そばと半チャーハン、神武食堂

青森県つがる市木造宮崎1-10、神武食堂、じんたけしょくどう。

コメントなし

中みそ、中三弘前店

青森県弘前市土手町49-1 中三弘前店 B1F、中みそ (【旧店名】 チャイナドール) 、味噌ラーメン

コメントなし

中華そばとチャーハン、味の香園

青森県平川市尾上栄松32-1、味の香園。定休日は、水曜(水曜が祝日の場合営業、木曜休業) 中華そばとチャーハン、味の香園 中華そば、味の香園 チャーハン、味の香園 昭和23年に創業し、自家製麺のラーメンなどを提供していま […]

コメントなし

鍋ラーメン完熟味噌

青森県弘前市浜の町北2-4-1、NABERA 吾麺亭。元の店は、弘前市外崎、なべラーメンたぬき亭で、店名を変えて、移転。 鍋ラーメン完熟味噌 初NABERA です。

コメントなし

味噌ラーメンとチャーハン

青森県弘前市新町230 、 山忠 下町店 (やまちゅう)。定休日は、火曜日 。

コメントなし




弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

春夏 冬 二升五合

春夏 冬 二升五合は、判じ物という文字で表されるなぞ解きの一種です。 判じ物は、江戸時代の戯作者を中心に流行した言葉遊びで、文字や絵の中に別の意味をあてて判じさせるものです。 春夏 冬 二升五合は、以下のように判じて読み […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    わさお

    次の記事

    鍋焼きうどん