中華そばとかつ丼

青森県弘前市塩分町1-2、三忠 塩分町分店 。今日から仕事初め。中華そばとかつ丼のセット。いいね。

中華そばとかつ丼のランチ





中華そばとかつ丼のランチ





親子丼、家めし

親子丼、家めし。親子丼などの丼物は、大人気です。 材料:鶏肉、玉ねぎ、玉子です。 調味料は酒・みりん・醤油・だし・砂糖です。 レシピ通り玉ねぎを煮て、鶏肉に火を通します。玉子を2回に分けて入れるところポイントだそうです。

コメントなし

かつ丼の梅、かつや弘前城東店

青森県弘前市外崎5-1-1、かつや弘前城東店。かつ丼の梅。割引券持参100円引き。

コメントなし

中華そば、たかはし

青森県弘前市大字撫牛子1丁目3-6、たかはし中華そば店、創業1982年(昭和57年)。 煮干し・豚骨・とりガラ・こんぶで、 長時間かけてだしをとったスープ。小麦粉を2種類ブレンドした自家製麺。

コメントなし

手打ちラーメン中、やまや

青森県黒石市大町2-60、やまや。 手打ちラーメン中 やまやのメニューは、手打ちラーメン、大、中です。 弁当などの持ち込みが自由です。

コメントなし

中華そばともりそば、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 お蕎麦屋さんの中華そば 中華そばのメニューは、たった2文字の中華。 もりそばを食べてから中華そばです。 超細麺のもりそば

コメントなし

中華そばとチャーハンセット、石黒食堂

青森県弘前市大字松原東2-6-6、 石黒食堂。定休日毎週水曜、木曜日。 中華そばとチャーハンセット

コメントなし

比内地鶏親子丼

秋田県大館市字大町21、秋田比内や 大館本店。定休日は毎週水曜日。今日は、大館市に出張でした。

コメントなし

中華そばと半チャーハン、神武食堂

青森県つがる市木造宮崎1-10、神武食堂、じんたけしょくどう。

コメントなし

ホルモン焼 胡桃

青森県北津軽郡鶴田町胡桃舘池田37-6、ホルモン焼 胡桃、定休日は日曜日。 ラーメン

コメントなし

濃厚魚介豚骨つけ蕎麦

青森県弘前市大字向外瀬字豊田230-5、つけ蕎麦 津桜。 厚魚介豚骨つけ蕎麦、あつもりでいただきました。 食べる前に読むべし。

コメントなし

カレーセット

青森県弘前市一町田村元794-12 、いわき食堂。定休日は、火曜日。 遅い昼食で、中華そばとミニカレーのセット。自動券売機の電源が節電されていました。 ゆで玉子も1個いただきました。

コメントなし

小ラーメンと小チャーハンのセット

青森県弘前市城東北3-1-12、 東家。少し寒くなってきました。鍋焼きうどん、ランチメニュー。

コメントなし

うどんとおまかせ海鮮丼

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒まさ。 うどんとおまかせ海鮮丼 うどんとおまかせ海鮮丼 うどんとおまかせ海鮮丼

コメントなし

煮干し中華そば、八助

移転した八助。青森県弘前市堀越柳田92-2、八助 (やすけ)、定休日は木曜日。 煮干し中華そば、八助 ミニチャーシュー丼、八助

コメントなし

中華そば、我が家

青森県南津軽郡藤崎町大字水木字古舘4-3、中華そば 我が家。定休日は水曜日、第3日曜日。

コメントなし

坦々めん、中華料理みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、中華料理みんぱい。 坦々めんとは、中華料理で、辛味を利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理です。

コメントなし

キーマ風挽肉カレー、三忠塩分町分店

青森県弘前市塩分町1-2 、三忠塩分町分店。定休日は日曜日。

コメントなし

海鮮天丼

青森県弘前市田町1-8-3、いもや。定休日は、月曜日(祝日の場合は営業)

コメントなし

煮干しラーメン

青森県弘前市城東中央3-1-15 、八助 (やすけ)。定休日は木曜日。煮干し、こく煮干し、濃い煮干し。

コメントなし

ラーメン、やまや

青森県南津軽郡田舎館村大字前田屋敷東中野56-36、やまや。 メニューは、ラーメンのみです。大盛りもありません。 山忠ソバ屋の看板がありました。

コメントなし



弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

色即是空

色即是空は、仏教の根本教理の一つで、この世に存在するあらゆる事物や現象はすべて実体ではなく、空無であるということを表す言葉です。 「色」はこの世のすべての事物や現象を、「空」は固定的な実体がなく空無であることを意味します […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    2021年初詣2