ホタテの貝焼き味噌又はただの玉子味噌

材料:貝殻を器にして、ホタテとタマゴと味噌

鱈のじゃっぱ汁

材料:鱈のアラ、大根、ねぎ、白菜なの野菜と味噌

津軽そば

材料:そば粉、つなぎに大豆。日持ちさせるために煮置き(ゆでた麺を冷やす)をする。

煮干し醤油ラーメン

材料:煮干しからダシを取ったスープと麺。食べるとくせになります。

煮干しラーメン、八助

しそ巻梅漬

材料:しその葉と梅。津軽の梅干しはこれ。

ほやの水物

材料:ほやと塩水。津軽の夏はこれ。食べなれないと・・・。

津軽そば

藩政時代から、津軽そばを食べる習慣を「八日そば」といいます。
そばを切る、悪縁を切るとして無病息災を祈っていました。

アキモト製麺。幻のそば

津軽地方では、昔からお医者様への支払いは、年に1度、旧歴12月8日に支払いをしました。
その時、お医者様は、人々にそばを振る舞ったそうです。

アキモト製麺。幻のそば

太宰治文学碑

青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」