ハナミズキ、庭

ハナミズキは、ミズキ科の落葉樹で、北アメリカ東部からメキシコ北東部が原産です。

日本には1915年にワシントンD.C.から贈られたのが最初とされています。

花言葉は、「私の想いを受けとめてください」「返礼」「永続性」です。

ハナミズキ、庭



ハナミズキ、庭

ハナミズキは、春に白やピンク、赤などの色の花を咲かせますが、実際の花は中心に集まった小さな花で、周りの大きな花びらのように見えるのは総苞という葉です。

津軽弁、あつままさ納豆

あつままは、暖かいごはんという意味の津軽弁です。 おめの趣味は? 趣味って何だば? おめの一番好きなものだね。 わの一番好きなものは、あつままさ納豆だな。

コメントなし



ネモフィラ

ネモフィラはムラサキ科ネモフィラ属に分類される植物の総称です。 和名はルリカラクサといい、青い花を咲かせます。 ネモフィラの花言葉は「どこでも成功」「可憐」「あなたを許す」です。 春になると、一面にネモフィラが広がる美し […]

コメントなし

ハボタン

ハボタンは、アブラナ科アブラナ属の多年草で、鮮やかな葉を冬から春にかけて観賞する園芸植物です。 葉を牡丹の花に見立てたことから、この名前がつきました。 日本には江戸時代に食用として渡来しましたが、その後は観賞用として改良 […]

コメントなし

マンデビラ・ラクサ

マンデビラ・ラクサは、アポクイナ科マンデビラ属のつる性植物で、別名チリアンジャスミンとも呼ばれます。 中央アメリカから南米にかけて分布し、夏に直径5~9cmの白い花を咲かせます。 花はジャスミンのような強い香りがあります […]

コメントなし

サルスベリ

サルスベリは、ミソハギ科サルスベリ属の落葉高木で、原産地は中国南部です。 百日紅とも呼ばれ、7月から10月にかけてピンクや白などの色とりどりの花を咲かせます。 花弁は縮れていて、ちりめんのような質感が特徴です。 樹皮は滑 […]

コメントなし

ストケシア

ストケシアは、キク科ストケシア属で、ルリギクやエドムラサキとも呼ばれています。 原産地は北アメリカ南西部で、暑さや寒さに強い多年草です。 初夏から秋にかけて、青紫や赤紫、ピンク、白、黄などの色の花を咲かせます。 花言葉は […]

コメントなし


青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。

国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。

寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。

津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後10年以上をかけて建立されました。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。 おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高、 […]

コメントなし

追手門、弘前公園

追手門とは、弘前公園の正面玄関とも言える城門です。 弘前城の三の丸にあり、二層の櫓門となっています。 全体的に簡素な素木造りで、戦国時代の古い形式を残すものとして珍しいものとされています。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    花筏

    次の記事

    ハクモクレン、道端