弥生画、鶴田八幡宮

青森県北津軽郡鶴田町鶴田字生松53、鶴田八幡宮。

弥生画は、五穀豊穣を願って、穀物の種子を一粒ずつ額に貼り付けて作る絵のことです。

全国で唯一、青森県鶴田町で継承されている伝統芸術です。

弥生画、鶴田八幡宮



弥生画の歴史は、天明の大飢饉の時代にさかのぼります。

当時、食糧不足に苦しんだ村人たちは、残り少ない種子を持ち寄って、雨の神様に祈願したところ、翌年は大豊作になったと言われています。

それ以来、毎年元旦に弥生画を作って神社に奉納するようになりました。

弥生画の名前は、弥生時代に中国から日本に穀類や種子などが移入されたことにちなんで命名されたといわれています。

弥生画、鶴田八幡宮




弥生画には、10数種類の穀物が使われており、いっさい着色をせずに、穀物の色や形を生かして精巧な絵を描いています。

弥生画は、鶴田八幡宮や山道闇おかみ神社に奉納された後、道の駅つるたに展示されています。

弥生画、鶴田八幡宮

10数種類の穀物は、なたね、えごま、あわ、きび、マイロ、レンズ豆、稲穂、青米、うるち米、もち米、紫黒米、小豆、白小豆、緑豆、大豆、茶大豆、黒豆、トラ豆、ひまわり、スチューベンです。

きびは、イネ科の一年草で、種子を食用にする穀物の一種です。

きびには、粘りのあるもちきびと粘りの少ないうるちきびがあります。

きびは、カルシウムやマグネシウム、鉄分や食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。

きびは、白米と一緒に炊いたり、お菓子やお餅などに加工したりして食べられます。

きびは、日本では古くから親しまれており、童話『桃太郎』の作中に登場するキビダンゴは有名です。



マイロは、ソルガム(タカキビ、コウリャン、マイロ)の実を粉砕したもので、飼料やきのこ培地に使われる栄養材です。

マイロは、カルシウムやマグネシウム、鉄分や食物繊維などの栄養素が豊富に含まれており、食用としても利用できます。

マイロは、アフリカやアジアなどの暑く乾燥した地域で栽培されており、世界の穀物生産量では第5位です。



レンズ豆は、マメ科ヒラマメ属の一年草で、種子を食用にする穀物の一種です。

レンズ豆は、光学レンズのような平たい形が特徴で、皮付きと皮なしのものがあります。

レンズ豆は、鉄分や食物繊維などの栄養素が豊富で、スープやカレー、サラダなどに使われます。



紫黒米は、イネの栽培品種のうち、玄米の種皮または果皮にアントシアニン系の紫黒色素を含む品種のことです。

紫黒米は、白米に混ぜて炊くと紫色に炊き上がります。

紫黒米には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれており、健康食や美容食として注目されています。

紫黒米は、中国や東南アジアなどで古くから栽培されてきました。

日本では、農研機構が品種改良を行い、糯種の「朝紫」や粳種の「おくのむらさき」などが育成されています。



トラ豆は、つる性のいんげんまめで、北海道で高級菜豆と呼ばれている豆の一種です。

トラ豆は、へその周りに虎のような模様があることから名付けられました。

トラ豆は、やわらかくて甘みがあり、煮豆や甘露煮などにするとおいしいです。







葛西善蔵文学碑

青森県平川市碇ヶ関三笠山公園内、葛西善蔵文学碑。葛西善蔵は、明治20年1月16日弘前市に生まれました。7歳から15歳まで母の実家がある碇ヶ関で育ちました。 大正7年に短編「子をつれて」を発表しました。大正から昭和にかけて […]

コメントなし

乳穂ケ滝、冬

青森県中津軽郡西目屋村夏坊台田代、乳穂ケ滝。 乳穂ケ滝は、高さは約33メートルで、白い滝がさらさらと流れ落ちています。 滝の裏側には不動尊が祀られていて、冬には結氷した滝を見て豊凶を占ったり、火渡りをしたりする神事が行わ […]

コメントなし

小説「津軽」の像記念館

青森県北津軽郡中泊町大字小泊字砂山1080-1、小説「津軽」の像記念館。 太宰と子守のタケが数十年振りの再開をした場所で「津軽」のラストシーンを具象化した像が建てられています。 太宰治の代表作の一つである小説「津軽」にま […]

コメントなし

岩木山神社

岩木山神社(いわきやまじんじゃ) 岩木山神社は、青森県弘前市にある神社で、岩木山の南東麓に鎮座しています。 入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。そして奥の院は岩木山山頂にあります。津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとに […]

お盆、牛馬の飾り

お盆には、ご先祖様の霊が家に戻ってくるという考えから、なすときゅうりで馬と牛を作ってお供えする風習があります。 馬と牛は、あの世とこの世を行き来する乗り物として見立てられています。 馬は足の速いきゅうりで、牛は足の遅いな […]

コメントなし



今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

待つ身が辛いか、待たせる方が辛いか

太宰治の熱海事件とは、1936年に太宰治が熱海で執筆中に起こした金銭トラブルです。 太宰は友人の檀一雄を熱海に残し、金を借りに東京へ行ったきり戻ってきませんでした。 あまりに遅いので、檀一雄が太宰を捜したところ、東京で井 […]

コメントなし

弘前城東門、弘前公園

弘前城東門 東門は、弘前城の三の丸東側の枡形に位置しており、慶長15年(1610年)に建てられました。 弘前城東門は、江戸時代初期の城門建築の遺構として大変貴重な事から昭和28年(1953年)に国指定重要文化財に指定され […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です