イチョウ

イチョウは、中国原産の落葉性の高木で、裸子植物に属します。

葉は扇形で、秋には鮮やかな黄色に色づきます。

雌雄異株で、雌の木は銀杏(ギンナン)と呼ばれる種子をつけますが、熟すと悪臭を放ちます。

イチョウは日当たりの良い場所を好み、乾燥や寒さにも強いです。

日本では街路植物や公園植物として広く植えられています。

イチョウの花言葉は「長寿」「荘厳」「鎮魂」などです。

イチョウは「生きた化石」とも呼ばれる古代植物で、その仲間は約2億年前から存在していたといわれています。

イチョウ



イチョウ



イチョウ



イチョウ



イチョウ







マサキ

マサキは、ニシキギ科の常緑低木で、日本に広く分布している植物です。 葉は厚くて光沢があり、斑入りの品種もあります。花は小さくて緑白色で、果実は赤い種子を含む紫色の球形になります。 生垣や庭木としてよく利用され、園芸種も多 […]

コメントなし

クリスマスローズ

クリスマスローズは、「クリスマスのバラ」という意味で、その名の通り冬から早春の時期に花を咲かせる数少ないお花です。花言葉は「いたわり」「慰め」「追憶」「私を忘れないで」です。

コメントなし

クレマチス

クレマチスには、たくさんの種類や品種があります。 一般的には咲き方や花の色、花の形で分類されます。 咲き方では、旧枝咲き、新枝咲き、新旧枝咲きの3つに分けられます。 クレマチスの花言葉は、一般的には「精神の美」「旅人の喜 […]

コメントなし

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲは、ユリ科の一日花で、朝に開花すると夕方にはしぼんでしまいます。 黄色やオレンジ色のラッパ状の花を咲かせ、茎の先に6~8個ほどの蕾をつけます。 花びらは6枚ですが、うち3枚はガクが変化したものです。 花期は […]

コメントなし

プリモナリア・オフィキナリス

プリモナリア・オフィキナリスは、ムラサキ科の半常緑多年草で、ヨーロッパが原産です。 別名は「ハイゾウソウ」や「ラングワート」などとも呼ばれます。 プリモナリア・オフィキナリスの花言葉は、「孤独な魂」と「気品」の2つがあり […]

コメントなし



花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

人には色んな見方がある

人にはいろんな見方があります。 偏見を持つのはやめた方がいい。 人を傷つけてはいけない。 正しいと思う心が危ない。 人は皆ほぼ、自分が正しいと思って暮らしています。 大切な人を大切にしたい。 立場の弱い人にやさしくなりた […]

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です