イヌサフラン

イヌサフランとは、イヌサフラン科の植物で、秋にサフランに似た花を咲かせることで知られています。

イヌサフランはサフランとは全く別の植物で、毒性があります。

イヌサフランの球根や種子にはコルヒチンという物質が含まれており、これを誤って摂取すると食中毒の症状が出ます。

イヌサフランは園芸用に品種改良されたものをコルチカムと呼ぶことが多く、土に植えなくても花が咲くという特徴があります。

イヌサフランの花言葉は「危険な美しさ」「華美」「私の最良の日々は過ぎ去った」などです。

イヌサフラン



イヌサフラン



イヌサフラン







きゅうり

きゅうりはウリ科の植物で、インドやヒマラヤ山麓が原産です。 水分が多くてさっぱりした味わいが特徴です。 日本では平安時代から栽培されていますが、本格的に普及したのは昭和初期からです。 きゅうりの花言葉は「洒落」です。 雄 […]

コメントなし

クロッカス、庭

クロッカスは、アヤメ科クロッカス属の総称で、秋に植えると早春に紫や白、黄色の花を咲かせます。 クロッカスの花言葉は、青春、希望、幸福、愛情、純潔などがあります。 クロッカスは球根植物で、球根は直径4cmほどの小さなもので […]

コメントなし

農村公園の藤棚

通りかかった道端の農村公園。藤の花が満開でした。 藤の花言葉は「優しさ」「歓迎」「佳客」、「恋に酔う」「陶酔する恋」、「決して離れない」

コメントなし

ハナカイドウ(花海棠)

ハナカイドウ(花海棠)は、バラ科リンゴ属の耐寒性落葉高木。別名はカイドウ、スイシカイドウ、ナンキンカイドウなど。春に淡紅色の花を咲かせる花木として、各地で植栽されます。花言葉は、「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」です […]

コメントなし

ニッコウキスゲ

青森県つがる市木造、ベンセ湿原。ニッコウキスゲの群生が見られます。 花言葉は「日々あらたに」です。ニッコウキスゲが朝方に開花し、夕方にはしぼんでしまう一日花であることにちなみます。

コメントなし


青森県の最高峰岩木山

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。

標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。

津軽富士とも呼ばれています。

弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    中華そば、味助

    次の記事

    孔雀柏