天日干しの稲穂

天日干しの稲穂は、稲刈り後に刈り取った稲を天日と風によって乾燥させる方法です。

この方法は、自然の風で水分をゆっくりと抜くことでお米の味を高める効果があります。

天日干しは、機械乾燥に比べて手間や時間がかかりますが、昔ながらの伝統的な乾燥方法です。

イネは、イネ科イネ属の一年草の植物で、お米はその種子です。

イネは世界三大穀物の一つとして人類の食糧として重要な役割を果たしてきました。

現在では約150カ国で栽培されており、世界人口の約半分が主食としています。

日本では弥生時代から稲作が始まりました。

イネの花言葉は「神聖」です。

天日干しの稲穂



天日干しの稲穂







ハンカチツリー

ハンカチツリーは、ミズキ科ハンカチノキ属の落葉高木で、中国南西部に自生しています。 白いハンカチのように見える部分は、花びらではなく葉が変形したもので、苞葉(ほうよう)と呼ばれます。 本当の花は苞葉の中心にあります。 ハ […]

コメントなし

コボウズオトギリ

コボウズオトギリはオトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑低木です。 5月から8月にかけて、枝先に黄色い星形の花を咲かせます。 コボウズオトギリの花言葉は、ときめき・悲しみは続かないです。 和名は、小坊主弟切草(コボウズオト […]

コメントなし

ユキゲユリ

ユキゲユリは、早春に咲き始める球根植物で、春の訪れを告げる花として大変人気があります。 寒さに強く、植えっぱなしにしても毎年忘れずに咲いてくれるので、ガーデニングのビギナーにもおすすめです。 和名は、雪解百合。 キジカク […]

コメントなし

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲは、ユリ科の一日花で、朝に開花すると夕方にはしぼんでしまいます。 黄色やオレンジ色のラッパ状の花を咲かせ、茎の先に6~8個ほどの蕾をつけます。 花びらは6枚ですが、うち3枚はガクが変化したものです。 花期は […]

コメントなし

シモツケ

シモツケは、バラ科シモツケ属の落葉低木で、日本、中国、朝鮮半島に分布しています。 5月から8月にかけて、小さなピンクや白の花を多数咲かせます。 耐寒性や耐暑性が強く、育てやすい植物です。 シモツケの花言葉は、「はかなさ」 […]

コメントなし


津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

濡れ手で粟(アワ)

濡れ手で粟(アワ)とは、何の苦労もしないで多くの利益を得ること、骨を折らずに金をもうけることのたとえです。 濡れた手で粟をつかむと、たくさんの粟粒がくっついてくることから来ています。

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    オムライスと担々麺

    次の記事

    しじみラーメン