ヒマワリモドキ、庭

ヒマワリモドキは、キク科の多年草で、北アメリカに自生する植物です。

太陽の花つまりヒマワリによく似たという意味です。

草丈は1mくらいで、7月から9月頃に直径7cmくらいの黄色い花を咲かせます。

花言葉は「憧れ」「崇拝」です。

ヒマワリモドキ







リシマキア・キリアータ

リシマキア・キリアータは、北アメリカ原産のサクラソウ科オカトラノオ属 (リシマキア属)の多年草です。 6月から8月にかけて、黄色い花を咲かせます。 葉は対生し、葉柄に毛が生えています。 茎は地下茎で横に広がります。 リシ […]

コメントなし

アジサイ

アジサイの花は、日本原産の落葉低木で、梅雨の季節に色とりどりに咲きます。  アジサイの花は、実は装飾花と呼ばれる萼が発達したもので、真ん中にある小さな花が真花です。 花の色は、土壌の酸度によって変化します。 アジサイの花 […]

コメントなし

チューリップ、弘前公園

チューリップは、ユリ科チューリップ属で、球根をつくる多年草です。 チューリップは、中央アジアから北アフリカにかけての地域が原産地といわれています。 日本には江戸時代の終わり頃に伝わりました。 チューリップの花言葉は、一般 […]

コメントなし

スカシユリ

スカシユリは、日本に自生するユリの1種で、中部地方以北に分布しています。 スカシユリは、多年草で、高さは20cm から60cmとなります。 スカシユリの花言葉は「純粋」「清らか」などです。

コメントなし

オオベンケイソウ

オオベンケイソウは、中国東北部から朝鮮半島が原産の植物で、多肉質の多年草です。 別名イキグサと呼ばれることもあります。 高さ30~50㎝になり、3枚の葉が茎を取り囲んでつきます。 オオベンケイソウは、小さな花をたくさん咲 […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

呉越同舟とは、

呉越同舟は、仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいることのたとえです。 また、反目しながらも共通の困難や利害のために協力することも指します。 呉越同舟の「呉」と「越」は、中国春秋時代の国名です。 呉と越は宿敵で、長 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ホオズキ