コキア

コキアは、ヒユ科の一年草で、ユーラシア大陸に広く分布する植物です。

日本へはアジアから中国経由で渡来し、1000年以上前から栽培されていたという記録が残っています。

コキアは、夏に鮮やかな緑色の葉を茂らせ、秋に紅葉することで有名です。

草姿が円錐形の整った形で、繊細な茎葉が密に茂り、明るくさわやかな印象を受けます。

観賞期間が長く、同じ形状のまま大きく育ちます。

花壇や鉢植え、生け垣向きの植物として人気があります。

また、刈り取って陰干しして草ボウキを作ることもできます。

コキアの花言葉は、「夢」「希望」「幸せ」などです。

コキア






ホコガタハナガサ(矛形花笠)

ホコガタハナガサ(矛形花笠)は、クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草で、北アメリカ原産です。 薄紫色の小さな花をたくさんつけ、矛のようなかたちなので、名前をつけられました。 たくさんの蜜を持つため蜂や蝶が好む植物となっていま […]

コメントなし

カナダ・アネモネ

カナダ・アネモネは、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、北米原産です。 白い花を茎の先に咲かせます。 カナダ・アネモネの花言葉は、アネモネ全体としては「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」など。

コメントなし

カラスウリ

カラスウリはウリ科の植物です。 カラスウリの名前の由来は、カラスが好んで食べるという説や、絡みついた木を枯らすという説などがあります。 花期は夏から初秋で、葉のつけ根に花弁の先がレース状になった白い花が夕方(日没後)から […]

コメントなし

サツキ(皐月)

いただきものの、サツキ(皐月)。ツツジは4月に開花し、サツキは遅れて5月に開花します。 5月に咲くのでサツキ(皐月)。花言葉は、節制です。 花言葉の由来は、サツキが山奥の岩肌などの厳しい環境を好むことからともいわれてます […]

コメントなし

アベリア

アベリアは、スイカズラ科のツクバネウツギ属に属する植物の総称です。 アベリアは、小さな白やピンクの花を長い期間咲かせる常緑または落葉の低木で、耐寒性や強健性が高く、育てやすい植物です。 葉には光沢があり、斑入りや紅葉する […]

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ざるそば、そば処味新

    次の記事

    工藤善三先生の像