ハナキリン、園

ハナキリンはトウダイグサ科のマダガスカル原産の低木です。

茎に多肉で棘が密生し、花(花序を包む苞)が美しいので観賞用に栽培される植物です。

花の色は赤、橙、黄、白などがあり、種類も豊富です。

ハナキリンの花言葉は、「早くキスして」「逆境に耐える」です。

ハナキリン



津軽弁、かまどけし

かまどけしとは、かまどの火を消してしまう者、破産者という意味の津軽弁です。 ドカンと一発!かまどけしは、有名な交通標語です。 交通事故を起こせば、かまどけしという意味です。

コメントなし

イヌサフラン

イヌサフランとは、イヌサフラン科の植物で、秋にサフランに似た花を咲かせることで知られています。 イヌサフランはサフランとは全く別の植物で、毒性があります。 イヌサフランの球根や種子にはコルヒチンという物質が含まれており、 […]

コメントなし

スモークツリー、弘前公園

スモークツリーは、初夏にふわふわとした花茎を伸ばして、木が煙っているように見える落葉樹です。 英名は「smoke tree」、和名は「煙の木」です。 南ヨーロッパからヒマラヤ、中国と広い範囲に分布し、樹高は3~5mほどに […]

コメントなし

スイレン(睡蓮)

スイレン(睡蓮)は、スイレン属に属する水生植物です。 スイレン(睡蓮)は水面に浮かぶように咲く花が印象的で、白、黄色、ピンク、赤、紫、青紫、青など様々な花色の品種があります。 スイレン(睡蓮)は5~10月頃に開花し、昼咲 […]

コメントなし

皐月(さつき)

皐月(さつき)はツツジ科ツツジ属の植物で、旧暦の5月に咲くことからその名がつきました。 色は一般的には朱赤色ですが、白色やピンク色など様々な種類があります。 花言葉は、一般的には「節制」「節度」「慎み深さ」などがあります […]

コメントなし

福寿草の開花2024

福寿草(フクジュソウ)は、春を告げる花の代表です。 元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名があります。 花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。 福寿草(フクジュソウ)が開花しました。 雪が消え、日当 […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

茅の輪くぐり

茅の輪くぐりは、夏越の祓(なごしのはらえ)という行事の一部で、茅(ちがや)という草で編んだ輪をくぐることで、心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願するというものです。 茅の輪くぐりの由来は、日本神話にあります。スサノオノ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    アスター

    次の記事

    真夏の岩木山