サルスベリ

サルスベリは、ミソハギ科サルスベリ属の落葉高木で、原産地は中国南部です。

百日紅とも呼ばれ、7月から10月にかけてピンクや白などの色とりどりの花を咲かせます。

花弁は縮れていて、ちりめんのような質感が特徴です。

樹皮は滑らかで、夏には古い樹皮が剥がれ落ちて新しい樹皮が現れます。

サルスベリの花言葉は、「雄弁」「活動」「世話好き」「愛嬌」などです。

サルスベリ






プリムラ・アカウリス、茶房

プリムラ・アカウリスは、サクラソウ科の多年草です。 寒さに強く、秋から春にかけてさまざまな色の花を咲かせます。 花言葉は「無言の愛」「富の誇り」「神秘な心」「可憐」「運命を開く」です。

コメントなし

カーネーション、園

カーネーションはナデシコ科ナデシコ属の多年草で、原産地は南ヨーロッパや西アジアの地中海沿岸と言われています。 カーネーションの花言葉は、花自体の花言葉は「無垢で深い愛」です。 ピンクのカーネーションの花言葉は「女性の愛」 […]

コメントなし

セイヨウナシ

セイヨウナシは、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の植物およびその果実です。 別名は洋なしです。 セイヨウナシの花言葉は、「愛情」です。 花は日差しによって開閉する運動をします。 地下には鱗茎があり、デンプンを含んでいます。か […]

コメントなし

アケビ

アケビは、アケビ科のつる性落葉低木の一種で、日本各地の低山地の日向に自生しています。 アケビは秋に熟すと、楕円形の紫色の実をつけます。 アケビの実は、少し大きい卵のような楕円形の形をしており、甘くて食べられます。 アケビ […]

コメントなし

ライラック

ライラックとは、モクセイ科ハシドイ属の落葉性高木で、紫色や白色などの花を咲かせる植物です。 花言葉は「思い出」「謙虚」「友情」などがあります。 ライラックは英語で、フランス語ではリラと呼ばれます。

コメントなし


青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

雀の子が飛びたいと思っている

雀の子飛ばんとしては 飛ばんとす 佐藤紅禄の俳句です。 佐藤紅禄は、青森県弘前市生まれの俳人・劇作家・小説家です。 雀の子が飛びたいと思っているが、まだ飛べない、 雀の子の飛びたいという気持ちと飛べない現実があります。 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です