ホコガタハナガサ(矛形花笠)

ホコガタハナガサ(矛形花笠)は、クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草で、北アメリカ原産です。

薄紫色の小さな花をたくさんつけ、矛のようなかたちなので、名前をつけられました。

たくさんの蜜を持つため蜂や蝶が好む植物となっています。

花期は6月から9月で、高さは60~120cmほどになります。

花言葉は「純真」「誠実」「信頼」などがあります。

ホコガタハナガサ







アサガオ、庭

アサガオは、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物です。  日本では奈良時代に薬用植物として渡来し、江戸時代には観賞用として品種改良が進みました。 アサガオは、つる性で葉は広三尖形、花は大きく開いた円錐形です。 アサガオの花 […]

コメントなし

リュウキンカ

リュウキンカ(立金花)は、キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった。

コメントなし

センニチコウ

センニチコウは、ヒユ科の一年草で、熱帯アメリカや南アジアが原産地です。 花というよりは苞と呼ばれる部分を観賞する植物で、色とりどりの球状の花序を長く咲かせます。 切り花やドライフラワーにも向いており、仏花としてもよく使わ […]

コメントなし

テッセン(鉄線)

テッセン(鉄線)は、キンポウゲ科センニチソウ属のツル植物です。 別名「鉄線花」の名の通り、鉄線のように丈夫なツルを絡ませながら成長していく姿が特徴のひとつともいえます。 テッセン(鉄線)の花言葉は、「甘い束縛」「縛り付け […]

コメントなし

ススキ

ススキは、イネ科ススキ属の多年生植物で、日本全国に自生しています。 夏~秋にかけて、茎の先に約20~30センチの「花穂(かすい)」を付けます。 ススキの花言葉は、「活力」「生命力」「心が通じる」です。

コメントなし


ラーメン、中華そば巡り!

青森県弘前市、津軽一円を巡ります!

まだまだ行ったことのない、お店があります。

一を聞いて十を知る

論語、一を聞いて十を知るとは、一端を聞いただけで全体を理解すること。理解が早く聡明であること。 孔子が、子貢という弟子に「お前と顔回という弟子ではどちらが優れているか」と尋ねたところ、子貢は「顔回は一を聞いて十を知ること […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    イトラン(糸蘭)

    次の記事

    タチアオイ