セイヨウノコギリソウ

セイヨウノコギリソウは、ヨーロッパ原産のキク科ノコギリソウ属の多年草です。

葉が細かく裂けてノコギリのように見えることから名付けられました。

花期は7月から9月で、白やピンク、赤、黄色などの色の花を傘状に咲かせます。

セイヨウノコギリソウの花言葉は、「戦い」「勇敢」「治癒」です。

これは、ギリシア神話の英雄アキレスが傷を治すのに使ったという伝説に由来しています。

セイヨウノコギリソウ







ススキ、道端

ススキは、イネ科ススキ属の多年生植物で、日本全国に自生しています。 白い筋が入った葉とふさふさした花穂を持ちます。 花穂には芒(ノギ)という糸のようなトゲがあります。 ススキは株になって一か所に集中して生えます。 ススキ […]

コメントなし

マリーゴールド、庭

マリーゴールドは、キク科コウオウソウ属の植物の総称で、黄色やオレンジ色などの鮮やかな花を咲かせます。 一年草が多いですが、多年草や亜灌木もあります。 メキシコ原産で、日本には江戸時代に渡来しました。 マリーゴールドの花言 […]

コメントなし

キバナヒナギク

キバナヒナギクは、キク科コレオステフス属の一年草で、アルジェリア原産です。 別名クリサンセマム・ムルチコーレとも呼ばれます。 キバナヒナギクの花言葉は、色によって異なりますが、一般的には「無意識」や「ありのまま」などです […]

コメントなし

ハアザミ

ハアザミは、キツネノマゴ科のハアザミ属に属する植物です。 和名は葉薊とも書きます。 葉がアザミに似ていることからこの名がつきましたが、花はアザミとは全く異なります。 花は紫色の萼と白い花弁のコントラストが美しく、鋭いとげ […]

コメントなし

プリムラ・アカウリス

プリムラ・アカウリスは、寒さに強く、秋から翌春にかけてさまざまな色の花を一斉に咲かせます。

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ナツツバキ、道端

    次の記事

    ヒマワリ、庭