アワモリショウマ(泡盛升麻)

アワモリショウマ(泡盛升麻)は、ユキノシタ科チダケサシ属の多年草で、日本の中部地方以南の山地の岩場に自生しています。

白い泡のような花が長い花穂に咲きます。

アスチルベという園芸植物は、アワモリショウマの仲間で、ドイツで作出された品種群です。

アワモリショウマは、耐寒性が強く、肥沃な土壌と水はけの良い場所を好みます。

アワモリショウマの花言葉は、恋の訪れ、自由気まま、熱心な気持ちなどです。

アワモリショウマは5月22日の誕生花です。

アワモリショウマ



津軽弁、あへずがし

あへずがしは、せわしないという意味の津軽弁です。 貧乏ゆすりをやめろ! あへずがしくて駄目だ。

コメントなし

スイセン

スイセンは、ヒガンバナ科スイセン属の球根植物で、白や黄色などの明るい色の花を咲かせます。 スイセンには多くの品種があり、花の形や香りもさまざまです。 スイセンの花言葉は、自己愛、うぬぼれです。 スイセンは秋から春にかけて […]

コメントなし

七段花(シチダンカ)

七段花(シチダンカ)は、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、ヤマアジサイの変種です。 花の色は淡い青色ですが、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色などに変化する傾向があります。 装飾花が八重咲きで、各がく片が剣状に尖りきれいに重な […]

コメントなし

カラスウリ

カラスウリはウリ科の植物です。 カラスウリの名前の由来は、カラスが好んで食べるという説や、絡みついた木を枯らすという説などがあります。 花期は夏から初秋で、葉のつけ根に花弁の先がレース状になった白い花が夕方(日没後)から […]

コメントなし

シシリンキウム・スカプラム

シシリンキウム・スカプラムは、アヤメ科の植物で、北アメリカや南アメリカに分布しています。 シシリンキウム・スカプラムは紫色の花で、花弁に線状の模様が入っています。 日本ではニワゼキショウという野草が野生化していますが、そ […]

コメントなし

シロヨメナ

シロヨメナ(白嫁菜)は、キク科の多年草で、秋になると、茎の先に小さな白い花をたくさん咲かせます。 葉っぱは細長く楕円形で、周りには鋸歯があります。 シロヨメナの花言葉は「丈夫」「隠れた美しさ」です。

コメントなし


津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

馬脚を現す!

馬脚を現すとは、隠していた本性や悪事がばれることのたとえ。 馬脚は、芝居で馬の足に扮する役者のこと。 馬の足を演じていた役者がうっかり自分の姿(足)を見せてしまうことから、隠していた本来の姿が表にあらわれること、化けの皮 […]

コメントなし

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、弘前公園

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、櫓の名前は、天守から見た方角を12支で示したもので、未申は南西に当たります。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    家めし、ナポリタン

    次の記事

    スイレン(睡蓮)