シロミミナグサ(白耳菜草)

シロミミナグサ(白耳菜草)は、ナデシコ科ミミナグサ属の多年草で、オーストラリアや南ヨーロッパが原産地です。

白く細かい毛に覆われた葉を持ち、白い花を咲かせます。

シロミミナグサの花言葉は、「幸福」「思いがけない出会い」です。

シロミミナグサ

シロミミナグサの別名は、セラスチウム、ナツユキソウ(夏雪草)、スノーインサマー(英名)などがあります。

シロミミナグサ(白耳菜草)という名前は、白く細かい毛に覆われた葉の形がネズミの耳に似ていることからつけられています。

花言葉「幸福」は、ハート形に切れ込みの入った花があふれるように咲く姿からつけられました。

花言葉「思いがけない出会い」は、純白の花を多数つけ、夏には見られない粉雪が積もった様子が由来となっているようです。



津軽弁、さんとぐ

さんとぐは、津軽弁で財布のことです。 ワー、さんとぐ落としてしまった。 誰か拾ったらさんとぐ返してください。

コメントなし

ヤブデマリ

ヤブデマリは、レンプクソウ科のガマズミ属に属する落葉低木です。 日本では 5月から6月にかけて、白い花を咲かせますが、花序は中心が両性花で、周囲を装飾花がとりまく不思議な形をしています。 ヤブデマリの花言葉は、年輪を美し […]

コメントなし

ロウバイ(蝋梅)

ロウバイ(蝋梅)は、クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹です。 和名の「ロウバイ」の語源は、漢名の「蠟梅」の音読みとされ、由来について一説には、陰暦の12月にあたる朧月(ろうげつ)にウメの香りの花を咲か […]

コメントなし

マンデビラ・ラクサ、園

マンデビラ・ラクサは、アポクイナ科マンデビラ属のつる性植物で、別名チリアンジャスミンとも呼ばれます。 中央アメリカから南米にかけて分布し、直径5~9cmの白い花を咲かせます。 花はジャスミンのような強い香りがあります。 […]

コメントなし

シャクナゲ

シャクナゲは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称です。 シャクナゲは、日本にも多くの種類が自生していますが、その多くは変種であり、種のレベルでは4種または6種に集約されます。 シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」です。 […]

コメントなし

ガザニア・リネアリス

ガザニア・リネアリスは、南アフリカ原産の多年生植物で、キク科の花です。 花びらは細長くて黄色やオレンジ色で、花の中心部は濃い色をしています。 ガザニア・リネアリスの花言葉は、「あなたを誇りに思う」と「笑顔で答える」です。 […]

コメントなし


回る、回る、回る・・・・。

回転鮨には良く行きます。

でも、ひとりではなかなか行けません。

そんな時はこのスライドショーで・・・・・。

でも、お腹は一杯になりません。

逆にお腹が空くかも・・・・・。

雀の子が飛びたいと思っている

雀の子飛ばんとしては 飛ばんとす 佐藤紅禄の俳句です。 佐藤紅禄は、青森県弘前市生まれの俳人・劇作家・小説家です。 雀の子が飛びたいと思っているが、まだ飛べない、 雀の子の飛びたいという気持ちと飛べない現実があります。 […]

東内門外橋(石橋)、弘前公園

東内門外橋(石橋)は、弘前公園の中にある石造りの橋で、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かっています。 1848年(弘化5年)に土橋から架け替えられたもので、城内では唯一の石造りの橋です。 橋を渡るとすぐに東内門があり、その […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    日没の岩木山

    次の記事

    カーネーション