明太子ペペロンチーノ

今日のパスタは、明太子ペペロンチーノ。

明太子ペペロンチーノとは、明太子を使ったスパゲッティの料理です。

ペペロンチーノとは、イタリア語で「唐辛子」の意味で、にんにくと唐辛子をオリーブオイルで炒めたシンプルなソースです。

明太子ペペロンチーノ



明太子ペペロンチーノは、日本発祥の和風パスタで、明太子の風味とピリッとした辛さが特徴です。

作り方は簡単で、茹でたスパゲッティににんにくと唐辛子を炒めたオリーブオイルと明太子を絡めるだけです。

明太子ペペロンチーノは、青ねぎや刻みのりなどをトッピングしたり、しらすや鯖缶などを加えたりすると、さらに美味しくなります。





ウインナーホットドック、家めし

ウインナーソーセージのホットドック 朝食 牛乳付き

コメントなし

ホタテ、ウニ、鯛

今日の夕食は、ホタテ、ウニ、鯛の刺身。ウニは熱いごはんに全のせ、完食。これはぜいたく、おいしそう! そして味噌汁は、ホタテの稚貝です。

コメントなし

茶碗蒸し

具だくさんの茶碗蒸し。

コメントなし

年越しそば

青森県弘前市馬屋町22-13、株式会社アキモト製麺。今年の年越しそばは、幻のそば、津軽そばでした。 青森県平川市日沼富田36、高砂食品株式会社。そして、中華そばもいただきました。

コメントなし

ねりこみ

ねりこみとは、津軽の精進料理の一つで、野菜の煮物に葛を入れてねり込むようにして作ったことから呼ばれました。 砂糖をたっぷり入れるので、普段はあまり食べられない贅沢な食べ物であり、正月のお膳につけたり、冠婚葬祭の人寄せの時 […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

容赦とは

容赦とは、許すこと、大目に見ること、という意味を持つ言葉です。 敬語として、ご容赦という表現がありますが、これは、許してください、という気持ちを相手に伝えるときに使います。 ビジネスでは、相手の要望に応えられないときや、 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    みそラーメンの店 峰

    次の記事

    若生おにぎり