来々軒、天津飯

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

来々軒、天津飯





来々軒、どれにしようかな?





スープ付き





カニ玉めし、みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、中華料理みんぱい。 カニ玉めし

コメントなし

あんかけご飯

青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1、道の駅つるた・鶴の里あるじゃ内、 幡龍あるじゃ店。 スチューベンギョウザが半額の日でした。

コメントなし

生姜焼き定食

青森県弘前市国吉字村元279-2 、白神飯店。定休日は火曜日です。たっぷりのごはん、柔らかい肉、満足でした。

コメントなし

五目焼きそば、みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、みんぱい。 そして、カニタマ飯もいただきました。

コメントなし

麻婆豆腐

麻婆豆腐という家めし。 麻婆豆腐(マーボーどうふ)は、中華料理(四川料理)です。 挽肉と赤唐辛子、豆板醤(トウバンジャン)などで炒め、鶏がらスープを入れ豆腐を煮た料理です。

コメントなし

スタミナラーメン、銀華飯店

青森県弘前市広野1-1-15、銀華飯店(ギンガハンテン)定休日は水曜日。

コメントなし

大衆中華食堂 琥蘭

青森県青森市浪岡福田3-2-2、大衆中華食堂 琥蘭。定休日は月曜日、火曜日。

コメントなし

来々軒、天津飯

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

コメントなし

たまごえびちり・焼売定食、中華厨房 たんたん

青森県弘前市末広4丁目1-5、中華厨房 たんたん。

コメントなし

エビチリと油淋鶏のセット

青森県弘前市城東中央3-1-15、中華料理 桃菜。定休日は火曜日。 エビチリと油淋鶏のセット、エビチリ、油淋鶏2個、野菜サラダ、お新香、玉子スープ、ごはん、杏仁豆腐。 エビチリは、エビが7個 油淋鶏は2個 ランチのメニュ […]

コメントなし

チャーハン、銀華飯店

青森県弘前市広野1-1-15、銀華飯店。定休日は水曜日。

コメントなし

肉野菜いため定食、みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、みんぱい。 四川料理を中心とした定番のメニューが人気です。 肉野菜いため定食、みんぱい 肉野菜いため定食、みんぱい 肉野菜いため定食、みんぱい

コメントなし

エビチリと油淋鶏のセット、中華料理桃菜

青森県弘前市城東中央3-1-15、中華料理 桃菜。定休日は火曜日。 エビチリと油淋鶏のセット、エビチリ、油淋鶏2個、野菜サラダ、お新香、玉子スープ、ごはん、杏仁豆腐。 エビチリは、エビが7個 油淋鶏は2個 デザートは、定 […]

コメントなし

担々めん

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、中料理みんぱい。 坦々めんとは、中華料理で、辛味を利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理です。

コメントなし

チンジャオロース(青椒肉絲)、中華厨房たんたん

青森県弘前市末広4丁目1-5、中華厨房 たんたん。 チンジャオロース(青椒肉絲)

コメントなし

回鍋肉定食

青森県弘前市城東中央3-1-15、中華料理 桃菜。定休日は火曜日。 回鍋肉定食、ホイコーロー定食。 回鍋肉(ホイコーロー)とは、中華料理で薄切りの豚肉とキャベツなどの野菜をいため、豆板醤、しょうゆなどで調理した甘辛い料理 […]

コメントなし

茶飯次、唐揚げ定食

青森県弘前市萱町22、茶飯次。唐揚げ定食

コメントなし

天津飯

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。 天津飯(てんしんはん)は、かに玉をごはんにのせ、とろみのあるタレ(餡)をかけた中華料理です。天津丼(てんしんどん)、かに玉めしともいわれています。

コメントなし

カニタマラーメン

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

コメントなし

肉野菜いため定食、中華料理みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、みんぱい。 四川料理を中心とした定番のメニューが人気です。 肉野菜いため定食、みんぱい 肉野菜いため定食、みんぱい 肉野菜いため定食、みんぱい

コメントなし



日本一長い木の橋として架けられました。全長300メートル、三連太鼓橋です。

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

全長300メートル、三連太鼓橋です。途中には、大小のステージがあります。

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

濡れ手で粟(アワ)

濡れ手で粟(アワ)とは、何の苦労もしないで多くの利益を得ること、骨を折らずに金をもうけることのたとえです。 濡れた手で粟をつかむと、たくさんの粟粒がくっついてくることから来ています。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    かしわざる

    次の記事

    肉野菜いため定食