リュウキンカ

リュウキンカ(立金花)は、キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった。

リュウキンカ









ミニ大根

ミニ大根とは、通常よりも小さなサイズで収穫できる大根の品種の総称です。 ミニ大根はプランターでも育てることができます。 ミニ大根の花言葉は、大根と同じく「潔白」「適応力」です。 白い根や花の色から「潔白」が、どんな料理に […]

コメントなし

ハナキリン

ハナキリンは、トウダイグサ科ユーフォルビア属のマダガスカル原産の植物です。枝には大きなトゲが生えていますが、色鮮やかな小さい花が特徴です。 ハナキリンの花言葉 は、早くキスして、逆境に耐えるです。   ハナキリ […]

コメントなし

ヤマブキ

ヤマブキは、バラ科ヤマブキ属の落葉低木で、北海道から九州まで広く日本に分布しています。 春になると、オレンジ色に近い黄色の花を咲かせます。この花の色が「やまぶき色」の由来になっています。 ヤマブキの花言葉は、「気品」「崇 […]

コメントなし

イソギク、園

イソギクは、日本固有種のキク科キク属の多年草で、海岸の崖や岩場などに自生する海浜植物です。 花は黄色で小さく、花弁のような舌状花がありません。 葉は厚くて白い縁取りがありります。 イソギクは乾燥に強く、病害虫にもあまり侵 […]

コメントなし

赤いハナミズキ

ハナミズキは、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木です。 春に白やピンク、赤などの色の花を咲かせます。 日本にはアメリカから桜のお返しとして贈られました。 花言葉は「返礼」「私の想いを受けとめてください」「永続性」「 […]

コメントなし

クレマチス・インテグリフォリア

クレマチス・インテグリフォリアは、ヨーロッパやアジアに自生する多年草のクレマチスです。 ベル型やねじれた花弁の花を咲かせます。 木立性と半ツル性の2種類があります。 クレマチス・インテグリフォリアの花言葉は、精神の美や旅 […]

コメントなし

菜の花

菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称で、食用や観賞用に栽培されています。 鮮やかな黄色の花をたくさん咲かせ、春の訪れを告げる花として知られています。 黄色の菜の花の花言葉は「快活」「明るさ」です。 これは、春の香りを運 […]

コメントなし

バラ(薔薇)、お庭のメイン

バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称です。 灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多い。 一般的に、バラの花言葉は「愛」「美」とされています。 ピンクの薔薇の花言葉は「しとやか」「上品」「感銘」 赤い […]

コメントなし

クレマチス・モンタナ

クレマチス・モンタナは、キンポウゲ科センニンソウ属で、中国やヒマラヤの高山に自生しているつる性の植物です。 春に可愛らしい白やピンクの花をたくさん咲かせます。 花言葉は「精神の美」「旅人の喜び」「策略」です。 耐寒性は強 […]

コメントなし

ノウゼンカズラ(凌霄花)

ノウゼンカズラ(凌霄花)は、ノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本で、夏から秋にかけて橙色や赤色の大きな美しい花を咲かせます。 中国原産で、平安時代に日本に渡来したと考えられます。 ノウゼンカズラは樹勢が強く丈夫な花木で、 […]

コメントなし

ベチュニア

ベチュニアは、南アメリカが原産のナス科ペチュニア属の草花です。 色や形が豊富で開花期が長いのが特徴です。 ベチュニアの花言葉は「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」です。

コメントなし

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ(凌霄花)は、ノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本で、夏から秋にかけて橙色や赤色の大きな美しい花を咲かせます。 中国原産で、平安時代に日本に渡来したと考えられます。 ノウゼンカズラは樹勢が強く丈夫な花木で、 […]

コメントなし

スイカズラ(吸い葛)

スイカズラは、スイカズラ科スイカズラ属の常緑または半常緑のつる性木本です。 日本から東アジア一帯に分布し、初夏に白い花を咲かせます。 花の筒の奥に甘い蜜があり、子どもたちが吸って楽しんだことから「吸い葛」という名前がつき […]

コメントなし

ダリア

秋田県秋田市雄和妙法字糠塚21、秋田国際ダリア園。

コメントなし

ジギタリス

ジギタリスは、オオバコ科のジギタリス属に属する植物の総称です。 ヨーロッパや西~中央アジアが原産で、細長い花穂に色とりどりの花を咲かせます。 花の形が指サックに似ていることから、キツネノテブクロとも呼ばれます。 ジギタリ […]

コメントなし

いちごの花

いちごの花は、白やピンク色、赤い花を咲かせます。 花びらは5枚で、中心部には花托(かたく)という部分があります。 この花托が大きくなって、いちごの実になります。 いちごの花言葉は、「尊重と愛情」「完全なる善」「先見の明」 […]

コメントなし

ミニトマト

ミニトマトは、果実の大きさが20g以下の小さなトマトの総称で、色や形、味などさまざまな種類があります。  ミニトマトは、日当たりと水はけの良い場所で育てると、たくさんの実がなります。  ミニトマトは、糖度や酸味のバランス […]

コメントなし

カセイマル(花盛丸)

カセイマル(花盛丸)は、エキノプシス属のサボテンの一種で、アルゼンチン原産です。 カセイマル(花盛丸)は、春から夏にかけて大きくて美しい花を咲かせます。 花は夜咲きで香りがよく、白やピンク、赤などの色があります。 カセイ […]

コメントなし

シロヤナギ

秋田県大館市中城、桂城公園内のシロヤナギ。樹高22m、幹囲5.3m、推定樹齢200年。シロヤナギは、北海道-東北の河岸に多く、樹形が丸くなるヤナギで、樹皮や葉が白っぽく見えます。

コメントなし

アストロメリア・アウレア

アストロメリア・アウレアは、南アメリカのアルゼンチンやチリに自生するユリズイセン科の多年草です。 花色は黄色で、花弁に褐色の斑点があります。 切り花として人気があります。 日本では、春から夏にかけて咲きます。 アストロメ […]

コメントなし



最新の投稿・ページ、新規・更新すべてを網羅

最新の投稿

最新のページ

新規・更新をチェック!

すべての投稿・ページの新規、更新を網羅して、一覧表示しています。

四天王とは

四天王とは、仏教において四方を守護する四柱の神々のことです。 四天王の名前は、東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天(毘沙門天)です。 四天王は、須弥山の中腹に住み、仏様や仏法を悪から守ります。 四天王は […]

コメントなし

弘前城東門、弘前公園

弘前城東門 東門は、弘前城の三の丸東側の枡形に位置しており、慶長15年(1610年)に建てられました。 弘前城東門は、江戸時代初期の城門建築の遺構として大変貴重な事から昭和28年(1953年)に国指定重要文化財に指定され […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ラーメン大将

    次の記事

    生パスタ