四天王とは

四天王とは、仏教において四方を守護する四柱の神々のことです。

四天王の名前は、東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天(毘沙門天)です。

四天王は、須弥山の中腹に住み、仏様や仏法を悪から守ります。

四天王は、帝釈天の臣下であり、八部鬼衆を率いています。

四天王は、仏像としてもよく表現され、仏様を囲むように配置されます。



四天王の中でも、特に有名なのは北方の多聞天(毘沙門天)です。

多聞天は、財宝の神様であり、福徳神としても信仰されています。

多聞天は、七福神の一員でもあります。

多聞天は、夜叉や羅刹という鬼を従えています。

多聞天の妻は、吉祥天という美しい女神です。

多聞天は、戦の神様としても崇められ、武将たちに愛されました。

四天王は、仏教の守護神としてだけでなく、福徳神や戦の神としても多くの人々に親しまれています。

四天王のご利益は、仏法の守護、長寿、健康、財運、商売繁盛、勝利、厄除けなどがあります。







糟糠の妻(そうこうのつま)

糟糠の妻(そうこうのつま)は、貧しい時から一緒に苦労を重ねてきた妻のことを言います。 糟糠とは酒かすと米ぬかのことで、粗末な食事の形容です。 この言葉は、中国の後漢の光武帝が姉を大臣の宋弘に嫁がせようとしたが、宋弘が「貧 […]

コメントなし

月の道とは

月の道とは、ひと月にほんの数日、満月の前後の数日間だけ見ることができる現象です。 具体的には、満月が海に反射し、照らし出された光の道を指します。 この美しい現象は、月が昇りはじめると、海面に細長い光の道が現れます。 見ら […]

コメントなし

火宅とは

火宅とは、仏教用語で、この世が苦しみの世界であるのに、それに気づかないで楽しみにふける人々の状態をたとえた言葉です。 燃え盛る家のように、危うさと苦悩に包まれつつも、少しも気づかずに遊びにのめりこんでいる状態。 火宅とは […]

コメントなし

防災の日とは

「防災の日」は、9月1日に制定された記念日です。 この日は、1923年に発生した関東大震災の日にちなんでいます。 この時期は台風シーズンでもあり、災害への備えを怠らないようにという意味も込められています。 「防災の日」が […]

コメントなし

ナイトライダーとは

ナイトライダー(Knight Rider)は、アメリカのテレビドラマです。 このドラマは、私立探偵機関の調査員であるマイケル・ナイトが、人間の言葉を話す特殊装備を搭載したドリーム・カー『ナイト2000』と共にさまざまな事 […]

コメントなし


津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

津軽ラーメンとは

津軽ラーメンとは、青森県津軽地方で提供されている魚介出汁のラーメンです。 煮干しや焼干しを使った澄んだ醤油スープが特徴の王道系と、トンコツや鶏ガラを合わせた濃厚魚介スープの濃厚煮干し系があります。 津軽ラーメンは、蕎麦屋 […]

コメントなし

弘前城東門、弘前公園

弘前城東門 東門は、弘前城の三の丸東側の枡形に位置しており、慶長15年(1610年)に建てられました。 弘前城東門は、江戸時代初期の城門建築の遺構として大変貴重な事から昭和28年(1953年)に国指定重要文化財に指定され […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    七福神とは

    次の記事

    朝ドラの一覧