八甲田山(はっこうださん)は、青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つ。「八甲田山」と名がついた単独峰は存在せず、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群です。

八甲田山

八甲田山

前嶽・田茂萢岳 (1,324m) ・赤倉岳 (1,548m) ・井戸岳 (1,550m) ・大岳 (1,584m) ・小岳 (1,478m) ・高田大岳 (1,552m) ・雛岳 (1,240m) ・硫黄岳(八甲田) (1,360m) ・石倉岳(1,202m)

八甲田山

八甲田山

逆川岳 (1,183m)・横岳(1,339m) ・猿倉岳 (1,354m) ・駒ヶ峯 (1,416m) ・櫛ヶ峯 (1,517m) ・乗鞍岳(八甲田)(1,450m) ・南部赤倉岳(1,290m)

デジタル植物園

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。