青森県黒石市南中野字不動舘27、中野神社。1802年(享和2年)弘前藩主津軽寧親(つがるやすちか)公が京都より百余種の楓苗を取り寄せ移植したのが始まりです。秋になると県内外から沢山の観光客が訪れる程、紅葉の名所として有名です。中野神社・不動館城跡があり、津軽三不動尊の一つがまつられていることでも有名です。

中野もみじ山

中野もみじ山

中野神社

中野もみじ山

中野もみじ山

中野もみじ山

大町桂月石碑

弘前市

弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。