リュウキンカ(立金花)

花言葉をまとめてみました。

リュウキンカ(立金花)は、キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった。

花言葉は、厳しい山の冬を越えて晩春に咲くことから「必ず来る幸福、会える喜び」です。

リュウキンカ



リュウキンカは、花の色からよく黄金にも喩えられます。黄金のような黄色い花が咲くことから「富」の花言葉が付きました。

津軽弁、もの言いづげ

もの言いづげとは、説教、命令という意味の津軽弁です。 昨日私は、もの言いづげされました。 わもです、私もです、みんなです、嫌だな! もの言いづげもほとほどに。

コメントなし



キンポウゲ(金鳳花、毛茛)

キンポウゲ(金鳳花、毛茛)は、ウマノアシガタの八重咲のものを指す。キンポウゲの花言葉は、栄光、栄誉、子どもらしさ、中傷です。 キンポウゲは茎が細く、風によくなびくことから子どもっぽく見えて「子どもらしさ」となっています。 […]

コメントなし

パンジー

パンジーはスミレ科スミレ属の小型の園芸植物でます。 パンジーは寒さに強く、冬から春にかけて開花する一年草です。 パンジーの花言葉は「思いやり」「優しさ」「恋の魔力」です。 コンクリートの隙間に、何故かパンジーが咲いていま […]

コメントなし

ベチュニア

ベチュニアは、南アメリカが原産のナス科ペチュニア属の草花です。 色や形が豊富で開花期が長いのが特徴です。 ベチュニアの花言葉は「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」です。

コメントなし

カタクリの花

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。 カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。 カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。 また、 […]

コメントなし

キバナノアマナ

キバナノアマナは、ユリ科の多年草で、黄色い花を咲かせます。 4月から5月にかけて、日本では北海道や本州中部以北に多く見られます。 キバナノアマナの花言葉は、運が向いてくるという意味があります。 この花言葉は、キバナノアマ […]

コメントなし


回る、回る、回る・・・・。

回転鮨には良く行きます。

でも、ひとりではなかなか行けません。

そんな時はこのスライドショーで・・・・・。

でも、お腹は一杯になりません。

逆にお腹が空くかも・・・・・。

相議(あいぎす)とは?

相議(あいぎす)とは、問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすることです。 相議は、官公庁や民間の組織でよく行われる方法です。 多角的な視点を得ることができます。 相議に参加する人々は、それぞれに異なる知識 […]

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ニッコウキスゲ

    次の記事

    さつき(皐月)