赤とんぼ、アキアカネ

アキアカネは、「赤とんぼ」と呼ばれるトンボの総称です。

アキアカネは、平地から山地にかけて、水田、池、沼、湿地などに生育します。

幼虫は水中で生活し、ミジンコや小さな水生昆虫を食べて育ちます。

成虫は、空中を飛びながら、ハエやカ、稲害虫のウンカやヨコバイなどの小さな昆虫を捕食します。

アキアカネは夏に一旦低地から姿を消し、秋に成熟成虫が大挙して出現します。

赤とんぼ、アキアカネ




ブロック塀の壁にしがみついているようでした。

日当たりが良く温まったコンクリートに・・・。

赤とんぼ、アキアカネ





赤とんぼ、アキアカネ

アキアカネは、「赤とんぼ」と呼ばれるトンボの総称です。 アキアカネは、平地から山地にかけて、水田、池、沼、湿地などに生育します。 幼虫は水中で生活し、ミジンコや小さな水生昆虫を食べて育ちます。 成虫は、空中を飛びながら、 […]

コメントなし

虹は、太陽光が空中の水滴に屈折、反射することで見られる光の現象です。 色や順序は、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫という七色に分かれています。 虹は観察者から見て太陽と反対側にできるので、太陽の高さによって虹の大きさや見え方が […]

コメントなし



青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

生まれながらに才能のある者

生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。 生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。 心構えがまるで違う。 これが大事だ。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ダリア、園

    次の記事

    弘前城石垣普請