孔雀柏

孔雀柏は、日本の扁柏の栽培変種で、非常に珍しい木です。

その名前は、葉の形が孔雀の飾り羽に似ていることからつけられました。

孔雀柏は、京都周辺の温暖な地域に少数生育しており、東北地方では青森県の平川市にある猿賀神社の境内にのみ自生しています。

この木は、昭和8年に小島繁寿先生によって発見され、牧野富太郎博士によって命名されました。

孔雀柏



孔雀柏は、カシワとアラカシの雑種であると考えられており、植物学的に貴重な種です。

孔雀柏は、常緑広葉樹で、高さは40メートルにもなります。

葉は鱗状で、背面には縦隆起があります。

孔雀柏は、家系が途絶えない、子孫繁栄の縁起物とされています。

孔雀柏の花言葉は、ありません。

孔雀柏



孔雀柏



孔雀柏







チューリップ

チューリップは、ユリ科チューリップ属の球根植物で、春に色とりどりの花を咲かせます。 チューリップの花言葉は、色によって異なりますが、一般的には「思いやり」とされています。 チューリップの原産地は、中央アジアから北アフリカ […]

コメントなし

クマザサ

クマザサはイネ科ササ属の植物で、日本の高山や北海道の山野に自生しています。 葉の縁に白い隈取りがあるのが特徴で、観賞用や食用、薬用に利用されてきました。 クマザサには葉緑素や多糖類、ビタミンやミネラルなどの成分が含まれて […]

コメントなし

キダチコンギク(木立紺菊)

キダチコンギク(木立紺菊)は、キク科の植物で、北アメリカ原産の帰化植物です。 高さは40~120cmになり、茎は直立して分枝し、全体に毛が多いです。 葉は互生し、披針形~倒披針形で、両面に毛があります。 花期は10~11 […]

コメントなし

薔薇(バラ)

バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称です。 灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多い。 一般的に、バラの花言葉は「愛」「美」とされています。 赤いバラの花言葉は、「あなたを愛しています」「情熱」「熱 […]

コメントなし

オダマキ

オダマキは、キンポウゲ科オダマキ属の多年草で、北半球の温帯に約70種が分布しています。 日本では、ミヤマオダマキとヤマオダマキの2種が自生しています。 花は4月から7月にかけて咲き、白や赤、黄色、ピンクなど様々な色があり […]

コメントなし


日本一長い木の橋として架けられました。全長300メートル、三連太鼓橋です。

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

全長300メートル、三連太鼓橋です。途中には、大小のステージがあります。

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

慧眼(けいがん)とは

慧眼(けいがん)とは、「物事の本質を鋭く見抜く力」のことを指します。 仏教用語では、「えげん」とも読み、一切の事物を空であると見通す智慧の目を意味します。 類語には「先見の明」や「洞察力」などがあります。 対義語には「節 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    イヌサフラン

    次の記事

    栃ノ海像