ナツツバキ

ナツツバキは、ツバキ科ナツツバキ属の落葉性高木で、日本や朝鮮半島に自生しています。

6月から7月にかけて、白い5弁の花を咲かせます。

花や葉の形がツバキに似ていることからナツツバキという名前がつきましたが、別名でシャラノキやシャラソウジュとも呼ばれています。

幹は滑らかで黒ずんだ赤褐色で、剥がれて斑紋ができることも特徴です。

花言葉は「愛らしさ」「はかない美しさ」「哀愁」です。

ナツツバキ



津軽弁、じゃんぼ

「じゃんぼ」とは、「髪の毛」や「髪」を意味する津軽弁です 。 明治時代にちょんまげを切った髪型を「散切り頭(ザンギリアタマ)」と呼んだことに由来します 。 その「ザン」と坊主の「ボ」をとって「ザンボ」と呼び、それが訛って […]

コメントなし

オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲは、モクレン科モクレン属の落葉低木の一種です。 5~7月に白い花を咲かせますが、花弁のように見えるのは外側の3枚は萼片で、内側の6枚が花弁です。 葉は卵形で裏面に白い毛が生えています。 オオヤマレンゲの花言 […]

コメントなし

アマチャ

アマチャとは、アジサイ科の植物で、葉に甘味があることが特徴です。  アマチャの葉は、乾燥させて発酵させた後に煎じて飲むことができます。 アマチャには、抗アレルギー作用や歯周病改善などの効能があるとされています。 仏教の行 […]

コメントなし

キバナノコギリソウ

キバナノコギリソウは、キク科ノコギリソウ属の多年草で、黄色い花を咲かせます。 葉はシダのように細かく切れ込んでおり、ヨモギのような香りがあります。 原産地はロシアのコーカサス地方やイランなどです。 花言葉は「忠実」「戦い […]

コメントなし

コスモス、食彩テラス

コスモスはキク科の植物です。 色や形がさまざまな品種がありますが、一般的にはオオハルシャギクと呼ばれるピンクや白の花が有名です。 コスモスの名前はギリシャ語の「秩序」や「調和」を意味する言葉からきています。 コスモスの花 […]

コメントなし

デルフィニウムエラツム

デルフィニウムエラツムは、キンポウゲ科のデルフィニウム属です。 長い花穂が特徴であり、花言葉は「変わりやすい心」です。

コメントなし


最新の投稿・ページ、新規・更新すべてを網羅

最新の投稿

最新のページ

新規・更新をチェック!

すべての投稿・ページの新規、更新を網羅して、一覧表示しています。

学べばすなわち固ならず

「学べばすなわち固ならず」というのは、勉学に励めば視野も広くなり、考え方も柔軟になるので、かたくなに一つの考えにとらわれることもなくなるということです。

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です