カンパニュラ・グロメラータ

カンパニュラ・グロメラータは、キキョウ科の多年草で、ヨーロッパやアジア、日本に分布しています。

日本では熊本県八代市に自生しており、ヤツシロソウとも呼ばれます。

花は鐘形で、紫色や青色、白色などがあります。

花言葉は「誠実」「従順な人」です。

カンパニュラ・グロメラータ



津軽弁、 わいさでね

わいさでねとは、少しばかりでないという意味の津軽弁です。 あれは、わいさでね。 気をつけないとやばいです。

コメントなし

ツツジ

ツツジとは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称で、日本や中国など東アジアに多く分布しています。 花は筒状に咲き、色や形は品種によってさまざまです。 花言葉は「節度」「慎み」などがあります。 白いツツジの花言葉は、「初恋」です。 […]

コメントなし

七段花(シチダンカ)

七段花(シチダンカ)は、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、ヤマアジサイの変種です。 花の色は淡い青色ですが、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色などに変化する傾向があります。 装飾花が八重咲きで、各がく片が剣状に尖りきれいに重な […]

コメントなし

チューリップ、黄色

チューリップは、ユリ科チューリップ属で、球根をつくる多年草です。 チューリップは、中央アジアから北アフリカにかけての地域が原産地といわれています。 日本には江戸時代の終わり頃に伝わりました。 チューリップの花言葉は、一般 […]

コメントなし

スイレン(睡蓮)

スイレン(睡蓮)は、スイレン属に属する水生植物です。 スイレン(睡蓮)は水面に浮かぶように咲く花が印象的で、白、黄色、ピンク、赤、紫、青紫、青など様々な花色の品種があります。 スイレン(睡蓮)は5~10月頃に開花し、昼咲 […]

コメントなし

タンポポの綿毛

タンポポは、キク科タンポポ属の草花の総称で、春になるとどこでも見かける野草です。 タンポポの綿毛の花言葉は、「別離」「別れ」「思わせぶり」などです。 綿毛が風に吹かれて飛んでいく様子や、占いの結果が気まぐれなことに由来し […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

四天王とは

四天王とは、仏教において四方を守護する四柱の神々のことです。 四天王の名前は、東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天(毘沙門天)です。 四天王は、須弥山の中腹に住み、仏様や仏法を悪から守ります。 四天王は […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ノイバラ

    次の記事

    藤田記念庭園と岩木山