カーネーション、庭

カーネーションはナデシコ科ナデシコ属の多年草で、原産地は南ヨーロッパや西アジアの地中海沿岸と言われています。

カーネーションの花言葉は、花自体の花言葉は「無垢で深い愛」です。

ピンクのカーネーションの花言葉は「女性の愛」「熱愛」「美しい仕草」です。

カーネーション、庭



津軽弁、やずね

やずねは、「しょうもない」や「つまらない」という意味の津軽弁です。 例えば、「やずね話だな」と言うと、「しょうもない話だな」という意味になります。 なんぼやずねのよ、と私ことを思っていませんか?

コメントなし

キンシバイ

キンシバイは、オトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑(半落葉)小低木です。 中国原産で、和名は中国名の「金糸梅」に由来します。 5枚の花弁を梅に、長く突き出た雄蕊を金の糸にたとえたものです。 5月から7月にかけて、鮮やかな […]

コメントなし

デルフィニウムエラツム

デルフィニウムエラツムは、キンポウゲ科のデルフィニウム属です。 長い花穂が特徴であり、花言葉は「変わりやすい心」です。

コメントなし

梅(ウメ)

梅(ウメ)は、バラ科サクラ属の落葉高木です。 中国原産で、日本でも古くから栽培されています。 初春に葉に先だって白や紅色の花を咲かせ、香りがあります。 梅(ウメ)の花言葉は、忠実、高潔、忍耐です。 白梅の花言葉は、気品、 […]

コメントなし

ジャノメクンショウギク

ジャノメクンショウギク(蛇の目勲章菊)は、南アフリカ原産のガザニアの園芸品種で、キク科ガザニア属の半耐寒性多年草です。 花の形が勲章のように見えることから、この名前がつけられました。 花色は白や黄色、オレンジ、赤などの鮮 […]

コメントなし

ミヤコワスレ

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色や白色の花を咲かせる多年草です。 江戸時代から栽培されている山野草で、茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。 ミヤコワスレは漢字で「都忘れ」と表記されます。 […]

コメントなし


回る、回る、回る・・・・。

回転鮨には良く行きます。

でも、ひとりではなかなか行けません。

そんな時はこのスライドショーで・・・・・。

でも、お腹は一杯になりません。

逆にお腹が空くかも・・・・・。

至誠(しせい)の人に

交際の奥の手は至誠(しせい)である。 理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。 至誠は、これ以上ないほどに誠実であることを意味します。 また、その心やまごころとも言います。 孔子の「中庸」に「至誠之道、可以無成 […]

コメントなし

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、弘前公園

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、櫓の名前は、天守から見た方角を12支で示したもので、未申は南西に当たります。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    弘前天満宮