シャクナゲ

シャクナゲは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称です。

シャクナゲは、日本にも多くの種類が自生していますが、その多くは変種であり、種のレベルでは4種または6種に集約されます。

シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」です。

「危険」という花言葉は、シャクナゲの葉に毒があることに由来しています。

ロードテンドロン・カタウビエ



北半球の亜寒帯から熱帯山地まで広く分布し、数百種類もの種や品種があります。

春に白や赤や黄色などの色とりどりの花を咲かせます。

津軽弁、あづばる

あづばるは、集まるという意味の津軽弁です。あなたは、ここにあづばるということを誰からききましたか?




ヒマワリ

ヒマワリはキク科の一年草で、原産地は北アメリカです。 黄色い大きな花を咲かせるのが特徴で、種は食用や油糧として利用されます。 花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめている」「愛慕」「熱愛」などがあります。

コメントなし

フジ

フジは、マメ科フジ属のつる性の落葉木本で、日本の固有種です。 春から初夏にかけて、長い穂状の花序を垂れ下げて咲きます。 花色は紫色が一般的ですが、白やピンクなどの品種もあります。 花には甘い香りがあります。 フジの花言葉 […]

コメントなし

サルビア

サルビアはシソ科の植物で、赤や白、紫など色とりどりの花を咲かせます。 初夏から秋まで長く開花するので、花壇や寄せ植えに人気があります。 サルビアはブラジル原産で非耐寒性なので、冬越しは難しいですが、宿根性の品種もあります […]

コメントなし

ドクダミ

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ属の多年草で、東アジアから東南アジアに分布しています。 独特の臭気があり、白い花びらのような苞と黄色い花を咲かせます。 ドクダミは薬草としても利用され、殺菌作用や利尿作用などがあると言われて […]

コメントなし

七段花(シチダンカ)

七段花(シチダンカ)は、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、ヤマアジサイの変種です。 花の色は淡い青色ですが、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色などに変化する傾向があります。 装飾花が八重咲きで、各がく片が剣状に尖りきれいに重な […]

コメントなし


青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

暑さ寒さも彼岸まで

「暑さ寒さも彼岸まで」には深い意味が込められています。 厳しい暑さや寒さが彼岸まで続くが、その後は過ごしやすくなるという意味を持ちます。 また、大変な時期があったとしても、ある時期を過ぎると解決していくということも表しま […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です