ネモフィラ

ネモフィラはムラサキ科ネモフィラ属に分類される植物の総称です。

和名はルリカラクサといい、青い花を咲かせます。

ネモフィラの花言葉は「どこでも成功」「可憐」「あなたを許す」です。

ネモフィラ



春になると、一面にネモフィラが広がる美しい風景が見られます。

津軽弁、かまどけし

かまどけしとは、かまどの火を消してしまう者、破産者という意味の津軽弁です。 ドカンと一発!かまどけしは、有名な交通標語です。 交通事故を起こせば、かまどけしという意味です。

コメントなし



プリムラ・アカウリス

プリムラ・アカウリスは、寒さに強く、秋から翌春にかけてさまざまな色の花を一斉に咲かせます。

コメントなし

ロウバイ(蝋梅)

ロウバイ(蝋梅)は、クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹です。 和名の「ロウバイ」の語源は、漢名の「蠟梅」の音読みとされ、由来について一説には、陰暦の12月にあたる朧月(ろうげつ)にウメの香りの花を咲か […]

コメントなし

河津桜

河津桜は、日本固有種のオオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑から生まれたサクラの栽培品種です。 紫紅色の一重咲きの大輪の花を咲かせ、花期が2月から3月上旬と早く、長いことが特徴です。 河津桜の花言葉は、思いを託します、淡 […]

コメントなし

ジギタリス

ジギタリスは、オオバコ科のジギタリス属に属する植物の総称です。 ヨーロッパや西~中央アジアが原産で、細長い花穂に色とりどりの花を咲かせます。 花の形が指サックに似ていることから、キツネノテブクロとも呼ばれます。 ジギタリ […]

コメントなし

ハナミズキ、庭

ハナミズキは、ミズキ科の落葉樹で、北アメリカ東部からメキシコ北東部が原産です。 日本には1915年にワシントンD.C.から贈られたのが最初とされています。 花言葉は、「私の想いを受けとめてください」「返礼」「永続性」です […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

親の七光りとは

親の七光りとは、親の持つ地位や権力が子供に恩恵を与えることを意味する言葉です。 元々は「親の光は七光り」ということわざでしたが、現在では「親の七光り」や「七光り」と略されることが多いです。 「七光り」には、親の威光がさま […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    三内丸山遺跡

    次の記事

    乳穂ケ滝