ドーダンツツジ

ドーダンツツジは、春に白い壺形の花と、秋に真っ赤に紅葉する落葉性の花木です。

日本原産で、丈夫で育てやすいので、公園や生垣によく使われています。

ドーダンツツジの花言葉は、「上品」「節制」などがあります。

白く美しい花と、丈夫で耐性のある植物という特徴から、このような花言葉がつけられたと言われています。

ドーダンツツジ



津軽弁、くだめぎ

くだめぎとは、愚痴という意味の津軽弁です。 くだめぎばかりで、少しは仕事をしてください。 くだめぎをいうけれど、やることはやります。

コメントなし



ハナキリン、園

ハナキリンはトウダイグサ科のマダガスカル原産の低木です。 茎に多肉で棘が密生し、花(花序を包む苞)が美しいので観賞用に栽培される植物です。 花の色は赤、橙、黄、白などがあり、種類も豊富です。 ハナキリンの花言葉は、「早く […]

コメントなし

ススキ、道端

ススキは、イネ科ススキ属の多年生植物で、日本全国に自生しています。 白い筋が入った葉とふさふさした花穂を持ちます。 花穂には芒(ノギ)という糸のようなトゲがあります。 ススキは株になって一か所に集中して生えます。 ススキ […]

コメントなし

ニッコウキスゲ、弘前公園

ニッコウキスゲは、ユリ科の一日花で、朝に開花すると夕方にはしぼんでしまいます。 黄色やオレンジ色のラッパ状の花を咲かせ、茎の先に6~8個ほどの蕾をつけます。 花びらは6枚ですが、うち3枚はガクが変化したものです。 花期は […]

コメントなし

ロトウザクラ(魯桃桜)

弘前城公園内ピクニック広場に咲く、ロトウザクラ(魯桃桜)。 ロトウザクラ(魯桃桜)は、 日露戦争 の凱旋記念として シベリア から持ち帰り、 長野県佐久市の桜井尋常高等小学校に植えられていたもので、1921年(大正10年 […]

コメントなし

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲは、ユリ科の一日花で、朝に開花すると夕方にはしぼんでしまいます。 黄色やオレンジ色のラッパ状の花を咲かせ、茎の先に6~8個ほどの蕾をつけます。 花びらは6枚ですが、うち3枚はガクが変化したものです。 花期は […]

コメントなし


青森県の最高峰岩木山

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。

標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。

津軽富士とも呼ばれています。

弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    関山(カンザン)