タラの芽の天ぷら、家めし

家めし、タラの芽となすの天ぷら。

タラの芽は、ウコギ科のタラノキの新芽のことです。

タラの芽は山菜として苦みが少なく食べやすく、もっちりとした食感が魅力です。

タラの芽の天ぷら

タラの芽を選ぶときは、3~5㎝ほど成長しており、葉っぱが少し赤紫色になっていて、葉が若干開いたものが理想的です。

タラの芽を摘むときは、枝先に芽吹いている「頂芽」だけを摘み取ります。



タラの芽を調理する前には、独特の苦みを抑えるために下処理(あく抜き)を行うとよいです。

ただし、天ぷらにする場合は下処理を行わなくても大丈夫です。

津軽弁、めぐせ

めぐせというのは、津軽弁では「恥ずかしい」という意味です。私と歩ているのを人に見られたら、めぐさいですか?

コメントなし

タラの芽の天ぷらは、春の山菜の中でも人気の高い料理です。

タラの芽は苦味がありますが、揚げることで香りが引き立ちます。

タラの芽の天ぷらの作り方は:

タラの芽の下ごしらえをします。袴(はかま)という茶色い部分を手でむき取り、切り口を少し切り落とします。

太い茎は包丁でむき取り、切り口に一文字か十字に切り込みを入れます。



天ぷらの衣を作ります。

小麦粉と片栗粉を同量合わせ、水を加えて粗く混ぜます。

または、市販の天ぷら粉と水を袋に書いてある割合で混ぜます。

揚げ油を180℃に熱し、タラの芽に衣をつけて落とします。

揚げ時間は約1分半~2分です。

揚がったら油を切り、塩や天つゆにつけて食べます。

タラの芽の天ぷらは揚げたてが一番美味しいですが、冷めても美味しくいただけます。

下ごしらえしたタラの芽は冷凍保存も可能です。

なべ焼きうどん

青森県 平川市日沼富田 36番地、高砂食品株式会社。高砂食品の定番のなべ焼きうどん、

コメントなし

明太子ペペロンチーノ

今日のパスタは、明太子ペペロンチーノ。 明太子ペペロンチーノとは、明太子を使ったスパゲッティの料理です。 ペペロンチーノとは、イタリア語で「唐辛子」の意味で、にんにくと唐辛子をオリーブオイルで炒めたシンプルなソースです。 […]

コメントなし

家庭用 「中みそ」

青森県弘前市土手町49-1、弘前中三の地下のフードコートにある「中みそ」。ここの味噌ラーメンを家庭できる!作ってみました。キャベツ、もやし、バラ肉などを用意しました。

コメントなし

麻婆豆腐

麻婆豆腐という家めし。 麻婆豆腐(マーボーどうふ)は、中華料理(四川料理)です。 挽肉と赤唐辛子、豆板醤(トウバンジャン)などで炒め、鶏がらスープを入れ豆腐を煮た料理です。

コメントなし

明星チャルメラ塩ラーメン、家めし

麺は、しなやかでツルミがあり食べやすい中細麺です。 ホタテだしを麺にねり込むことで、スープとの一体感を高めています。 玉子焼きとほーれんそうのトッピング スープは、ホタテの旨みに鶏ガラを合わせた、まろやかでコクのある塩味 […]

コメントなし

津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

広東麺とは

広東麺とは、とろみのある餡をかけた日本発祥の麺料理です。 餡には野菜や肉、魚介などが入っており、栄養バランスも良いです。 広東麺は中華料理店やチェーン店、カップ麺や冷凍食品などで食べることができます。 広東麺の名前の由来 […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    菜の花

    次の記事

    シバザクラ