サンシュユ(山茱萸)

サンシュユ(山茱萸)は、別名、春黄金花(ハルコガネバナ)、秋珊瑚(アキサンゴ)、山茱萸(ヤマグミ)と呼ばれています。サンシュユの花言葉は「持続」「耐久」「気丈な愛」。花言葉の「持続」「耐久」は、サンシュユの果実が生薬に利用され、滋養強壮などの効用があることに由来します。

サンシュユ(山茱萸)









ハナカイドウ(花海棠)

ハナカイドウ(花海棠)は、バラ科リンゴ属の耐寒性落葉高木。別名はカイドウ、スイシカイドウ、ナンキンカイドウなど。春に淡紅色の花を咲かせる花木として、各地で植栽されます。花言葉は、「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」です […]

コメントなし

カラスウリ

カラスウリはウリ科の植物です。 カラスウリの名前の由来は、カラスが好んで食べるという説や、絡みついた木を枯らすという説などがあります。 花期は夏から初秋で、葉のつけ根に花弁の先がレース状になった白い花が夕方(日没後)から […]

コメントなし

菜の花

菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称で、食用や観賞用に栽培されています。 鮮やかな黄色の花をたくさん咲かせ、春の訪れを告げる花として知られています。 黄色の菜の花の花言葉は「快活」「明るさ」です。 これは、春の香りを運 […]

コメントなし

コデマリ

コデマリは、バラ科シモツケ属の落葉低木で、中国南東部が原産地です。 春になると、白い小さな花がたくさん集まって手毬のような花序を作り、枝いっぱいに咲きます。 コデマリの花言葉は、「優雅」「上品」「友情」「努力」などです。 […]

コメントなし

センニチコウ

センニチコウは、ヒユ科の一年草で、熱帯アメリカや南アジアが原産地です。 花というよりは苞と呼ばれる部分を観賞する植物で、色とりどりの球状の花序を長く咲かせます。 切り花やドライフラワーにも向いており、仏花としてもよく使わ […]

コメントなし

キク(菊)、庭

キク(菊)は、キク科キク属の植物で、秋に美しい花を咲かせます。 菊は中国から日本に伝わり、古典菊や洋菊など多くの品種が作られました。 キク(菊)の花言葉は、「高貴」「高潔」「高尚」です。

コメントなし

赤いハナミズキ

ハナミズキは、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木です。 春に白やピンク、赤などの色の花を咲かせます。 日本にはアメリカから桜のお返しとして贈られました。 花言葉は「返礼」「私の想いを受けとめてください」「永続性」「 […]

コメントなし

ハナキリン

ハナキリンは、トウダイグサ科ユーフォルビア属のマダガスカル原産の植物です。枝には大きなトゲが生えていますが、色鮮やかな小さい花が特徴です。 ハナキリンの花言葉 は、早くキスして、逆境に耐えるです。   ハナキリ […]

コメントなし

ハチス

ハチスは、ムクゲの別名です。 ムクゲは、アオイ科フヨウ属の落葉低木で、夏から秋にかけて白やピンクなどの美しい花を咲かせます。 ムクゲの花言葉は、「尊敬」「信念」「説得」「慈しみ」「繊細な美」「デリケートな愛」です。

コメントなし

オオシマザクラ

オオシマザクラは、バラ科サクラ属の落葉高木で、伊豆大島や伊豆半島などに自生するサクラの一種です。 別名はタキギザクラといいます。 花は白色で一重咲きが基本で、花と葉が同時に開くのが特徴です。 花言葉は「心の美しさ」「純潔 […]

コメントなし

ねぎの花

ねぎの花は、ネギ亜科の植物によく見られる聚繖花序のことです。 一つ一つの花は非常に小さく、6枚の花弁を持ちます。 約300個もの花が集まって丸い形をしており、ネギ坊主と呼ばれます。白 花言葉は「笑顔」「ほほえみ」「愛嬌」 […]

コメントなし

アサガオ

アサガオはヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物で、熱帯から亜熱帯地域が原産地です。 日本には奈良時代に中国から渡来し、薬用植物として使われました。 江戸時代には観賞用として品種改良が進み、大輪アサガオや変化咲きアサガオなど […]

コメントなし

イワヤツデ

イワヤツデというのは、タンチョウソウという山野草の別名です。 イワヤツデの花言葉は、愛嬌、謙虚な心、気高さです。 由来は、小さくて可憐な花の姿や、岩場で丈夫に育つ姿からだと思われます。 春に白い小花を咲かせる可憐な植物で […]

コメントなし

ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウは、つる性の多年草または亜低木に分類される植物です。 葉に白や黄色の斑が入る品種が人気で、春から初夏にかけて青や白色の花を咲かせます。 ツルニチニチソウの花言葉は、「楽しき思い出」「幼なじみ」「優しい思い […]

コメントなし

ユリ

ユリは、ユリ科ユリ属の植物で、北半球の亜熱帯から亜寒帯にかけて約100種類が分布しています。 花色や形はさまざまで、ユリは4つの亜属に分けられ、日本には15種類の原種が自生しています。 代表的な原種には、ヤマユリ、カノコ […]

コメントなし

いちごの花

いちごの花は、白やピンク色、赤い花を咲かせます。 花びらは5枚で、中心部には花托(かたく)という部分があります。 この花托が大きくなって、いちごの実になります。 いちごの花言葉は、「尊重と愛情」「完全なる善」「先見の明」 […]

コメントなし

コボウズオトギリ

コボウズオトギリはオトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑低木です。 5月から8月にかけて、枝先に黄色い星形の花を咲かせます。 コボウズオトギリの花言葉は、ときめき・悲しみは続かないです。 和名は、小坊主弟切草(コボウズオト […]

コメントなし

ドウダンツツジ

ドウダンツツジは、ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木で、日本や台湾に自生しています。 春に白やピンクの小さな花を鈴なりに咲かせ、秋には真っ赤に紅葉するのが特徴です。 生け垣や庭木として人気があり、切り花としても利用されま […]

コメントなし

七段花(シチダンカ)

七段花(シチダンカ)は、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、ヤマアジサイの変種です。 花の色は淡い青色ですが、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色などに変化する傾向があります。 装飾花が八重咲きで、各がく片が剣状に尖りきれいに重な […]

コメントなし

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ(彼岸花)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、中国大陸が原産地です。 日本には古くから伝わり、秋の彼岸の頃に鮮やかな赤い花を咲かせます。 ヒガンバナ(彼岸花)は、球根で増えます。 花言葉は、「悲しき思い出」 […]

コメントなし



弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

雀の子が飛びたいと思っている

雀の子飛ばんとしては 飛ばんとす 佐藤紅禄の俳句です。 佐藤紅禄は、青森県弘前市生まれの俳人・劇作家・小説家です。 雀の子が飛びたいと思っているが、まだ飛べない、 雀の子の飛びたいという気持ちと飛べない現実があります。 […]

春陽橋、弘前公園

弘前公園、春陽橋は、西濠を隔て、市街地である五十石町と西の郭に架かる橋です。 1932年に市民の通行の利便性のために架橋されました。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です