生姜味噌おでん

生姜味噌おでん、コンニャク、ちくわ、大根、たまご。

生姜味噌おでん





明太子カルボナーラ

今日の朝食は、明太子カルボナーラです。

コメントなし

挽肉とチーズのせのフランスパン

挽肉とチーズのせただけののフランスパン。なかなかいけました。

コメントなし

高砂食品の鍋焼きうどん

青森県 平川市日沼富田 36番地、高砂食品株式会社。高砂食品の定番のなべ焼きうどん、 お供えの餅、舞茸、きざみ油揚げ、ねぎ、たまごなど具だくさん。餅入りうどんなので、力うどんです。 こちらは、シンプルななべ焼きうどん。

コメントなし

ねりこみ、家めし

ねりこみは、津軽の精進料理の一つで、野菜の煮物に葛を入れてねり込むようにして作ったことから呼ばれました。 砂糖をたっぷり入れるので、普段はあまり食べられない贅沢な食べ物であり、正月のお膳につけたり、冠婚葬祭の人寄せの時に […]

コメントなし

イカメンチ、家めし

イカメンチ、家めし。イカメンチとは、イカを叩いてミンチにし、野菜や小麦粉などと混ぜて揚げた郷土料理です。 青森県の津軽地方に伝わる家庭の味で、イカの旨味と野菜の甘みが楽しめるソウルフードとして親しまれています。

コメントなし

大晦日のごちそう

今年も、大晦日になりました。青森県津軽では、大晦日にごちそうを食べます。我が家では、家庭料理として、焼きえび、煮しめ、なます、ナマコ、黒豆、栗きんとん、茶碗蒸し、紅白のかまぼこ、伊達巻など。 お供えを用意しました。

コメントなし

たづの味噌汁

たづとは、津軽弁で、真鱈、スケソウ鱈の白子のことです。 津軽では、たづを味噌汁にしていただきます。 たづは、出汁にコクを与え、タラの旨みを丸ごと味わうことができる食材です。

コメントなし

のり弁当

青森県弘前市石渡、ほっかほっか亭石渡店、のり弁当。のり弁当は、シンプルで、好きです。

コメントなし

年越しそば

青森県弘前市馬屋町22-13、株式会社アキモト製麺。今年の年越しそばは、幻のそば、津軽そばでした。 青森県平川市日沼富田36、高砂食品株式会社。そして、中華そばもいただきました。

コメントなし

フレンチトースト、家めし

フレンチトースト 朝食、牛乳 コーヒー付き フレンチトーストは、食パンを卵に浸してバターで焼いたものです。

コメントなし

ほやの水物

ほやの水物は、青森県の郷土料理です。 ホヤは皮と汁を除いて細切りにし、昆布だしなどで味付けします。  ホヤは独特の香りと食感があり、暑くなると食べたくなります。 ホヤの味は、五味(ごみ)と呼ばれる甘味・酸味・塩味・旨み・ […]

コメントなし

かすべい(カスベイ)の煮付け

かすべい(カスベイ)の煮付け。かすべいは、エイのことです。かすべい、ごぼう、人参、高野豆腐、糸こんにゃくを煮込みます。かすべいの独特の食感がクセになります。 二十四節気(にじゅうしせっき)とは、節分を基準に1年を24等分 […]

コメントなし

さばのみぞれ煮

普通の日の夕食。Oisixの小ねぎ香る、さばのみぞれ煮。食材は、骨取りさばみぞれ煮風、かぼちゃ、にんじん、小松菜、小葱、レシピ通り完成! さっぱり豆腐 ねぎかつお醤油で。食材は、国産大豆木綿豆腐、長ねぎ、大葉、かつおぶし […]

コメントなし

すじこ納豆

弘前市大字駅前町12番地1、虹のマート内、まぐろ専門 まぐろの源ちゃん。 すじこ納豆ののり巻き。 すじこ納豆とは、納豆に筋子をのせて食べる青森県の郷土料理です。 太宰治が好物として食べていたことで知られています。 すじこ […]

コメントなし

ミニ大根

ミニ大根とは、通常よりも小さなサイズで収穫できる大根の品種の総称です。 ミニ大根はプランターでも育てることができます。 ミニ大根の花言葉は、大根と同じく「潔白」「適応力」です。 白い根や花の色から「潔白」が、どんな料理に […]

コメントなし

ボロネーゼ

ボロネーゼとは、イタリアの都市ボローニャ発祥のパスタ料理です。 本場イタリアでは、ボロネーゼにはきしめんのような平たいタリアテッレ(もしくはフィットチーネ)が使われ、それら以外の麺で作ったものはボロネーゼとは呼ばれません […]

コメントなし

ジューシーそぼろと野菜のビビンバ

休日の朝食。Oisixのジューシーそぼろと野菜のビビンバ。食材は、ニラ、えのき、にんじん、小松菜、合いびきそぼろ、温泉玉子。レシピ通り完成!

コメントなし

さもだし

「さもだし」とは、青森県で採れるきのこの一種で、「ならたけ」とも呼ばれます。 さもだしの味噌汁 清水森ナンバを使ったさもだしのなんばん漬け 「清水森ナンバ」は、青森県津軽地方で古くから栽培されている在来種のトウガラシのこ […]

コメントなし

そ-めん

少し暖かくなってきました。昼食はそ-めん、揖保乃糸。 玉子焼きと、 なすの天ぷら、納豆いりちくわ、えび

コメントなし

タラの芽の天ぷら、家めし

家めし、タラの芽となすの天ぷら。 タラの芽は、ウコギ科のタラノキの新芽のことです。 タラの芽は山菜として苦みが少なく食べやすく、もっちりとした食感が魅力です。 タラの芽を選ぶときは、3~5㎝ほど成長しており、葉っぱが少し […]

コメントなし



弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

色即是空

色即是空は、仏教の根本教理の一つで、この世に存在するあらゆる事物や現象はすべて実体ではなく、空無であるということを表す言葉です。 「色」はこの世のすべての事物や現象を、「空」は固定的な実体がなく空無であることを意味します […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    フルーツクレープ