梅の花

桜より少し先に開花する梅。花言葉は、「上品」「高潔」「忍耐」「忠実」です。

梅の花



松、竹、梅は「歳寒の三友(さいかんのさんゆう)」と呼ばれ、寒さに耐える植物とされてきました。

梅の花

「松竹梅」と言えば、おめでたいものとして慶事などに使われます。

平安時代に常緑樹の松が不老長寿を思わせるおめでたいものとされ、その後室町時代に、節目にそって真っ直ぐ伸びる竹が縁起のいいものとされました。

さらに江戸時代になると、冬に花を咲かす梅が新春を彩るめでたい花として定着しました。





津軽弁、かに

かにとは、津軽弁で「ごめんなさい」という意味です。 かにかにと言うと、「ごめんごめん」という意味になります。 あなたは私をかにしてくれますか?





ケイトウ

ケイトウは、ヒユ科の一年生植物で、炎のような鮮やかな花色が特徴です。 花の形は品種によってさまざまで、トサカ状、羽毛状、球状などがあります。 ケイトウはアジアやアフリカの熱帯地方が原産で、日本には奈良時代に渡来しました。 […]

コメントなし

アメリカスミレサイシン

アメリカスミレサイシンは、北アメリカ東部に自生する茎の短い 多年生の草本植物です。 日本においては、明治以降に園芸植物として導入されたものが北海道から四国に逸出帰化して、人家近くの道端や空き地などで見られることがありりま […]

コメントなし

ヤマブキ

ヤマブキは、バラ科ヤマブキ属の落葉低木で、北海道から九州まで広く日本に分布しています。 春になると、オレンジ色に近い黄色の花を咲かせます。この花の色が「やまぶき色」の由来になっています。 ヤマブキの花言葉は、「気品」「崇 […]

コメントなし

キダチコンギク(木立紺菊)

キダチコンギク(木立紺菊)は、キク科の植物で、北アメリカ原産の帰化植物です。 高さは40~120cmになり、茎は直立して分枝し、全体に毛が多いです。 葉は互生し、披針形~倒披針形で、両面に毛があります。 花期は10~11 […]

コメントなし

プリムラ・アコーリス

プリムラ・アコーリスは、ヨーロッパやアジアに原産するサクラソウ科の植物です。 プリムラ・アコーリスの花言葉は、「青春の喜びと悲しみ」です。 プリムラが寒い時期に咲き始めて、夏を迎える前に枯れてしまうことから、青春のはかな […]

コメントなし



津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

茅の輪くぐり

茅の輪くぐりは、夏越の祓(なごしのはらえ)という行事の一部で、茅(ちがや)という草で編んだ輪をくぐることで、心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願するというものです。 茅の輪くぐりの由来は、日本神話にあります。スサノオノ […]

コメントなし

丑寅櫓(うしとらやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、二の丸丑寅櫓(にのまるうしとらやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸丑寅櫓は、二の丸の北東を守るために […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    比内地鶏親子丼

    次の記事

    二の丸辰巳櫓