干梅~ほしうめ~

青森県黒石市大字中町30、(有)松葉堂 まつむら。

干梅~ほしうめ~。

干梅、松葉堂まつむら菓子店



「干梅」は梅の果肉と一緒に漬け込んだ青森県産のシソの葉に白餡の牛皮まんじゅうを丁寧に包み、白砂糖をまぶしたものです。

干梅、松葉堂まつむら菓子店



シソの塩漬けの酸味・塩味と白餡の優しい甘さが絶妙なバランスの上品な味です。観光客にはお土産として、地元では「めぼしがし」と呼ばれ黒石の銘菓として親しまれてます。

干梅、松葉堂まつむら菓子店




うぐいす餅、お菓子のヒロヤ船水店

青森県弘前市船水2丁目1-1、お菓子のヒロヤ船水店。 うぐいす餅、くるみ大福、串餅 うぐいす餅は豊臣秀吉が命名したと言われています。 豊臣秀長が、茶会で兄の秀吉をもてなす際に、あんを餅で包みきな粉をまぶした餅菓子を気に入 […]

コメントなし

グランメルシー

青森県弘前市野田1-3-16、グランメルシー。定休日は、毎週火曜日、第2第4水曜日。 デコレーションケーキ 早速いただきました。

コメントなし

いちご、向後いちご園

千葉県旭市行内1095-1、向後いちご園。 Kさんから、いちごが届きました。 ありがとうございました。 おいしくいただきました。 いちごの花は、白やピンク色、赤い花を咲かせます。 花びらは5枚で、中心部には花托(かたく) […]

コメントなし

ぴーなっつ最中

千葉県成田市上町500、米屋株式会社 (よねやかぶしきがいしゃ) Kさんからぴーなっつ最中が届きました。 ピーナッツ最中は、千葉県の名産品で、落花生の形をした最中の中に、落花生の甘煮を練り込んだあんこが入っているお菓子で […]

コメントなし

津軽当物、大王当て。佐藤製菓

青森県弘前市大字津賀野字宮崎68、佐藤製菓。 津軽伝統の型抜き白あん生菓子 「閻魔大王くじ」を使ったお菓子が、この練切の生菓子「大王当て」と言われています。 津軽当物駄菓子の走りです。 昭和初期には、既に親しまれていたよ […]

コメントなし


津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

エントロピーとは

エントロピーは、エネルギーの乱雑さを示す尺度です。 低エントロピーの状態はエネルギーが高度に集中していることを意味し、高エントロピーの状態はエネルギーが拡散していることを示します。 エントロピーは物理的・化学的プロセスが […]

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    煮干しラーメン

    次の記事

    天ざる