クール・ジャパンとは

クール・ジャパンとは、日本の文化や産業が海外で高く評価されている現象や、それを推進する政策のことです。

クール・ジャパンには、アニメや漫画、ゲームなどのポップカルチャーだけでなく、食やファッション、現代アートや建築などのハイカルチャー、さらには伝統文化や技術など、日本の魅力的なものがすべて含まれます。



クール・ジャパンは、日本の国際的なブランド力を高め、経済成長や雇用創出に貢献すると期待されています。

クール・ジャパンという言葉は、2002年にアメリカのジャーナリスト、ダグラス・マグレイが「Japan’s gross national cool」という記事で使ったのが最初とされています。

この記事は、日本のポップカルチャーが世界に影響を与えていることを指摘し、日本の「ナショナル・クール」という新たな国力を説いたものでした。

この言葉は、イギリスの国家ブランド戦略「クール・ブリタニア」にならったものと考えられています。



日本政府は、2010年に経済産業省に「クール・ジャパン室」を設置し、クール・ジャパン戦略の推進を始めました。

2013年には、官民ファンドによる海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)が設立され、クール・ジャパンの海外展開や情報発信を行っています。

また、内閣府は、クール・ジャパン戦略のねらいや取り組みを紹介するウェブサイトや、外国人向けのフォトコンテストなどを実施しています。



クール・ジャパンは、日本の多様な魅力を世界に発信することで、日本と他国の相互理解や交流を深めることができます。

また、クール・ジャパンに関心を持つ人々が日本を訪れることで、インバウンド観光の促進や地域活性化にもつながります。







天地神明に誓って

天地神明に誓ってとは、自分の言うことに嘘がないことを強く約束する表現です。 天地神明は、天地のすべての神々のことで、神明に誓っては、神々に対して固く約束することを意味します。 この言葉は、公的な弁明や釈明をする場で多く使 […]

コメントなし

巧言令色鮮し仁

巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん) 言葉巧みで、表情を取り繕っているものに、誠実な人間はほとんどいないということ。

コメントなし

過ちて改めざるをこれ過ちという

論語、過ちて改めざるこれを過ちというとは、失敗そのものではなく、失敗をしたと気づいているにもかかわらず改めようとしないことこそが本当の過ちであるということです。 人間は誰しも完璧ではないため、間違いを犯すことはあります。 […]

相議(あいぎす)とは?

相議(あいぎす)とは、問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすることです。 相議は、官公庁や民間の組織でよく行われる方法です。 多角的な視点を得ることができます。 相議に参加する人々は、それぞれに異なる知識 […]

コメントなし

エントロピーとは

エントロピーは、エネルギーの乱雑さを示す尺度です。 低エントロピーの状態はエネルギーが高度に集中していることを意味し、高エントロピーの状態はエネルギーが拡散していることを示します。 エントロピーは物理的・化学的プロセスが […]

コメントなし


青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。

上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。 よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし。 世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。 流れ過ぎる川はけっしてとどまることなく、しかし […]

コメントなし

追手門、弘前公園

追手門とは、弘前公園の正面玄関とも言える城門です。 弘前城の三の丸にあり、二層の櫓門となっています。 全体的に簡素な素木造りで、戦国時代の古い形式を残すものとして珍しいものとされています。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    津軽ラーメンとは

    次の記事

    本質を見抜く力とは