青森県弘前市石川、大仏公園内、あじさいまつり、毎年7月開催。

大仏公園は石川城(大仏ヶ鼻城)の跡地です。

石川城(大仏ヶ鼻城)は、天文2年(1533)、津軽に入った南部高信の居城です。

園内には、約200本の桜の木と約2500本のあじさいがあります。

大仏公園、あじさいまつり



石川城(大仏ヶ鼻城)は、津軽の曽我宗家である平賀の曽我道性により建武元年(1334年)に築城されたと伝わります。

大仏公園、あじさいまつり

その後、南部氏に制圧され、天文2年(1533年)に石川高信が居城としましたが、元亀2年(1571年)に大浦為信(後の津軽為信)の急襲を受けて落城しました。

大仏公園、あじさいまつり



その後は津軽氏の家臣である板垣将兼が城主となりましたが、慶長16年(1611年)に弘前城を築城すると廃城となりました。

大仏公園、あじさいまつり

現在は「大仏公園」として整備されており、桜や紫陽花などの花が咲く美しい景色も見ることができます。

また、三十三観音の石像や鉄道の見える展望台などもあります。

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり



大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり



大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園のアジサイは、20種類2,500株が公園全体に咲き誇っています。

色とりどりのアジサイと緑豊かな自然が織りなす風景は、夏の魅力を感じることができるでしょう。

大仏公園、あじさいまつり




弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。 よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし。 世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。 流れ過ぎる川はけっしてとどまることなく、しかし […]

コメントなし