青森県弘前市石川、大仏公園内、あじさいまつり。毎年7月開催。大仏公園は石川城(大仏ヶ鼻城)の跡地です。石川城(大仏ヶ鼻城)は、天文2年(1533)、津軽に入った南部高信の居城です。園内には、約200本の桜の木と約2500本のあじさい。

大仏公園、あじさいまつり




大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり





大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり




大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり





大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり

大仏公園、あじさいまつり




津軽の歴史

津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。