ミセバヤ、紅葉

ミセバヤ(見せばや)は、ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属に分類される多肉性の宿根草で、園芸植物の一つです。

和名は「見せたい」という意味の古語が変形したもので、高野山の法師が詠んだ和歌にちなんでいると言われています。

花言葉は「つつましさ」「大切なあなた」です。

ミセバヤ(見せばや)




ミセバヤは、春に根茎から発芽し、茎を斜めに伸ばします。

3枚輪生する葉は灰青色の肉厚で円く、縁には細かい切れ込みがあり、周縁がほんのり紅色に染まって趣があります。

茎は次第に懸垂して株立ちとなり、秋の中ごろから、茎の先端に小さな桃紅色の花を房状に咲かせます。

このころには葉が紅葉して美しい紅色に染まり、やがて落葉し、株元に冬芽を残した状態で休眠を迎えます。

ミセバヤ、紅葉







ホザキシモツケ

ホザキシモツケは、東日本の湿地に自生しているバラ科シモツケ属の落葉低木です。 ホザキシモツケの「穂咲き」という名前は、花が穂状に咲くことに由来しています。 ホザキシモツケの花は淡紅色で、5枚の花びらと淡紅色の雄蕊がありま […]

コメントなし

ペンステモン・ラエビガツス

ペンステモン・ラエビガツスは、オオバコ科の多年草で、北アメリカ東部に自生しています。 ペンステモン・ラエビガツスの花言葉は、「あなたに見とれています」です。

コメントなし

クレマチス・モンタナ

クレマチス・モンタナは、キンポウゲ科センニンソウ属で、中国やヒマラヤの高山に自生しているつる性の植物です。 春に可愛らしい白やピンクの花をたくさん咲かせます。 花言葉は「精神の美」「旅人の喜び」「策略」です。 耐寒性は強 […]

コメントなし

チューリップ、弘前公園

チューリップは、ユリ科チューリップ属で、球根をつくる多年草です。 チューリップは、中央アジアから北アフリカにかけての地域が原産地といわれています。 日本には江戸時代の終わり頃に伝わりました。 チューリップの花言葉は、一般 […]

コメントなし

ホトトギス

ホトトギス(杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草で、日本の特産種です。 日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られ、葉のわきに紫色の斑点のある花を上向きに咲かせます。 品種や交配種も多く、秋に美しい花を楽しむことができます […]

コメントなし


青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

自分の気持ちを言語化する

自分の今置かれている状況を言語化することで、適切な状況判断ができるようになります。 日常の記録、日記か? 継続は力なりというけれど、無理か? 文章化は面倒臭いけれど、話をきいてくれる人がいれば、言語化できるかも? 自分の […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です