マンデビラ・ラクサ、園

マンデビラ・ラクサは、アポクイナ科マンデビラ属のつる性植物で、別名チリアンジャスミンとも呼ばれます。

中央アメリカから南米にかけて分布し、直径5~9cmの白い花を咲かせます。

花はジャスミンのような強い香りがあります。

マンデビラ・ラクサの花言葉は「愛情の絆」「永遠の愛」です。

マンデビラ・ラクサ



マンデビラ・ラクサ



マンデビラ・ラクサ



マンデビラ・ラクサ



津軽弁、つけらっと

つけらっととは、けろっと、知らんぷり、ちゃっかりという意味の津軽弁です。私とケンカしてもつけらっとしているね。

アスター、庭

アスターは、キク科の一年草で、中国原産の植物です。 エゾギクやサツマギクとも呼ばれます。 花色が豊富で、赤・白・黄・紫などの色があります。 花の形も品種によってさまざまで、半八重咲きやポンポン咲き、万重咲きなどがあります […]

コメントなし

イタリアン・アスター

イタリアン・アスターは、ヨーロッパ原産のキク科の多年草で、青紫やピンクなどの花を咲かせます。 キリスト教の祭であるミカエル祭の期間に花を咲かせることから、「ミカエルマスデージー」とも呼ばれます。 育てやすく見栄えも良いた […]

コメントなし

パンジ-

パンジーはスミレ科スミレ属の一年草で、ヨーロッパ原産の花です。 色や形が豊富で、冬から春にかけて咲きます。 パンジーの花言葉は、もの思い、私を思ってという意味があります。これは、パンジーの花が人の顔に似ており、思索にふけ […]

コメントなし

ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウは、つる性の多年草または亜低木に分類される植物です。 葉に白や黄色の斑が入る品種が人気で、春から初夏にかけて青や白色の花を咲かせます。 ツルニチニチソウの花言葉は、「楽しき思い出」「幼なじみ」「優しい思い […]

コメントなし

水芭蕉

水芭蕉(ミズバショウ)は、サトイモ科ミズバショウ属の多年草で、湿地に自生する春の花です。 白い部分は花ではなく、葉が変形した仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるもので、中心の円柱状の部分が小さな花が集まった花序です。 水芭蕉 […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

広東麺とは

広東麺とは、とろみのある餡をかけた日本発祥の麺料理です。 餡には野菜や肉、魚介などが入っており、栄養バランスも良いです。 広東麺は中華料理店やチェーン店、カップ麺や冷凍食品などで食べることができます。 広東麺の名前の由来 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    お芋のリーフパイ