隙あらば猫、弘前市立博物館

青森県弘前市大字下白銀町1-6、 弘前公園内、弘前市立博物館。

弘前市立博物館は、弘前公園内に立地しています。

弘前市立博物館では、令和5年5月20日から7月2日まで、特別企画展「隙あらば猫 町田尚子絵本原画展」を開催しています。

隙あらば猫、弘前市立博物館

町田尚子さんは、1968年東京都生まれのイラストレーター、絵本作家です。

武蔵野美術大学短期大学部卒業後、ペギー・スー セルジュ・ブリュソロ 著、金子ゆき子 翻訳、角川書店などの挿絵を手がけます。

自身の作品としては、「ネコヅメのよる」「さくらいろのりゅう」「ねことねこ」などがあります。

また、京極夏彦や内田麟太郎などの作家とのコラボレーションも多く、「いるのいないの」「あずきとぎ」「おばけにょうぼう」などの絵本を出版しています。

2018年と2019年には、日本絵本賞を連続受賞しました。

隙あらば猫、弘前市立博物館

絵本作家・画家として近年注目を浴び、絵本「なまえのないねこ」で日本絵本賞など多くの賞を受賞している町田尚子さんの原画作品展です。

町田尚子さんの座右の銘は、「隙あらば猫」。

童話や遠野物語、怪談絵本など、様々な物語の中で猫を主人公として、時には脇役として登場させています。

本展では、デビュー作から最新作の絵本原画や絵画、ラフ、貴重な制作資料など約250点を公開しています。

また、この展覧会に合わせて、町田尚子さんが弘前市立博物館のために特別に書き下ろした作品「ねことねこ」が発売されています。

一部撮影OKでした!

隙あらば猫、弘前市立博物館




お盆、牛馬の飾り

お盆には、ご先祖様の霊が家に戻ってくるという考えから、なすときゅうりで馬と牛を作ってお供えする風習があります。 馬と牛は、あの世とこの世を行き来する乗り物として見立てられています。 馬は足の速いきゅうりで、牛は足の遅いな […]

コメントなし

義経寺

青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩家ノ上76、義経寺。 義経寺は、源義経が海峡を渡る際に祈ったという観音像を祀る寺で、津軽三十三観音の19番札所です。 源義経が奥州から蝦夷へ渡る際に、厩岩と呼ばれる巨岩の上に観音像を祀り、海を […]

コメントなし

黒門、禅林街

黒門は、青森県弘前市西茂森の禅林街にある門です。 黒門は、江戸時代中期に建てられたもので、重厚な造りが特徴です。 弘前市指定有形文化財に指定されています。 長勝寺の総門(表門)として建立されたと考えられています。 長勝寺 […]

コメントなし

四季の蔵もてなしロマン館

青森県平川市猿賀石林10-1、四季の蔵もてなしロマン館。 猿賀公園や国名勝に指定されている「盛美園」、「清藤氏書院庭園」に隣接しています。

コメントなし

葛西善蔵文学碑

青森県平川市碇ヶ関三笠山公園内、葛西善蔵文学碑。葛西善蔵は、明治20年1月16日弘前市に生まれました。7歳から15歳まで母の実家がある碇ヶ関で育ちました。 大正7年に短編「子をつれて」を発表しました。大正から昭和にかけて […]

コメントなし


ラーメン、中華そば巡り!

青森県弘前市、津軽一円を巡ります!

まだまだ行ったことのない、お店があります。

ゆるく生きよう!

ゆるく生きるとは、 自分に対して厳しくしないことです。 そうすれば、人にも厳しくなることは少なくなります。 多少の無理をしてもなんとかなった若いころとは違い、40歳以降ともなると体力は衰えてきます。 さらに高齢期になれば […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    スイカズラ(吸い葛)

    次の記事

    ジャノメクンショウギク